Fedora Users Forum

Fedoraユーザのためのサポートフォーラム
現在時刻 - 2017年6月27日(火) 12:33

All times are UTC + 9 hours





新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 13 件の記事 ]  ページ移動 1, 2  次へ
作成者 メッセージ
 記事の件名: VMwareWorkstation 5.5.9のFedora11へのインストールについて
投稿記事Posted: 2011年1月31日(月) 20:52 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  プロフィール

登録日時: 2011年1月31日(月) 20:43
記事: 7
みなさん今日は、OSエミュレーターである
VMwareに関する質問をさせて下さい。

よろしくお願いします。

VMwareWorkstation 5.5.9を
Fedora11にインストールしたいのですが、
以下の様なエラーが出てVMwareのモジュールが
ビルド出来ません(インストール出来ません)。

> # vmware-config.pl
>
> :
>
> /tmp/vmware-config3/vmmon-only/linux/driver.c:83 から include されたファイル中:
> /tmp/vmware-config3/vmmon-only/./common/hostif.h:39:7: 警告: "WINNT_DDK" は定義されていません
> /tmp/vmware-config3/vmmon-only/linux/driver.c:118: error: expected expression before ‘;’ token
> make[2]: *** [/tmp/vmware-config3/vmmon-only/linux/driver.o] エラー 1
> make[1]: *** [_module_/tmp/vmware-config3/vmmon-only] エラー 2
> make[1]: ディレクトリ `/usr/src/kernels/2.6.30.10-105.2.23.try101117.fc11.i586' から出ます
> make: *** [vmmon.ko] エラー 2
> make: ディレクトリ `/tmp/vmware-config3/vmmon-only' から出ます
> Unable to build the vmmon module.
>
> For more information on how to troubleshoot module-related problems, please
> visit our Web site at "http://www.vmware.com/download/modules/modules.html" and
> "http://www.vmware.com/support/reference/linux/prebuilt_modules_linux.html".
>
> Execution aborted.
>
> #

どなたかVMwareWorkstation 5.5.9をFedora11に
インストールしている方はおられないでしょうか?


トップへ
 
 記事の件名: Re: VMwareWorkstation 5.5.9のFedora11へのインストールについて
投稿記事Posted: 2011年1月31日(月) 23:14 
オフライン
Site Admin
アバター
プライベートメッセージ送信  メール  WWW  プロフィール

登録日時: 2008年9月08日(月) 21:17
記事: 428
所在地: 東京都
「Unable to build the vmmon module.」で検索したら、下記のサイトに解決法らしきものがありました。



Download the file vmware-server-modules-2629 and extract it to “vmware-server-distrib/lib/modules/source/” and then reinstall.

(Vmwareは使っていないので定かではありませんが…)上記のサイトから「vmware-server-modules-2629」をダウンロードして、「vmware-server-distrib/lib/modules/source/」に展開し、インストールしなおすということかと思います。

・追記:「vmware-server-distrib/lib/modules/source/」は「/usr/lib/vmware/modules/source」かも?

他にも問題があるのかも知れませんので、これで解決できるかどうかはわかりません。


トップへ
 
 記事の件名: Re: VMwareWorkstation 5.5.9のFedora11へのインストールについて
投稿記事Posted: 2011年2月03日(木) 20:33 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  プロフィール

登録日時: 2011年1月31日(月) 20:43
記事: 7
お返事ありがとうございます。

ご助言をいただきましたWebページからDLしたファイルを
"/usr/lib/vmware/modules/source/"に展開して、
「vmware-config.pl」を実行しましたらそれが上手くいきました。

しかしVMwareで作成した仮想マシンを起動しようとしたら、
以下の様なエラーが出て起動しません
(vmmonのバージョンがあわないと言うエラーを出しています)。

> Version mismatch with vmmon module: expecting 138.0, got 208.0.
> You have an incorrect version of the `vmmon' kernel module.
> Try reinstalling VMware Workstation.


トップへ
 
 記事の件名: Re: VMwareWorkstation 5.5.9のFedora11へのインストールについて
投稿記事Posted: 2011年2月03日(木) 23:49 
オフライン
Site Admin
アバター
プライベートメッセージ送信  メール  WWW  プロフィール

登録日時: 2008年9月08日(月) 21:17
記事: 428
所在地: 東京都
VMwareはいろいろとトラブるようですね…。カーネルとVMwareWorkstationの組み合わせの問題かも知れませんが。

Fedora11の場合、他にもいくつか参考になりそうなサイトがありましたが、どれがこのケースに相当するものなのかわかりません。

とりあえず、カーネルのバージョンを教えていただけますか?

$ uname -r

を端末で実行して結果を教えてください。

# ちょっと長期戦になりそうな感じです。お急ぎであれば、VirtualBoxを使ってみるという選択肢もありでしょうか?


トップへ
 
 記事の件名: Re: VMwareWorkstation 5.5.9のFedora11へのインストールについて
投稿記事Posted: 2011年2月04日(金) 22:36 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  WWW  プロフィール

登録日時: 2010年12月30日(木) 00:17
記事: 33
所在地: GA, USA
vine_user さんが書きました:
お急ぎであれば、VirtualBoxを使ってみるという選択肢もありでしょうか?


VMwareWorkstationの最新バージョンは7.1.3ですが、あえて5.5.9を使われているのはなぜでしょうか。 7.1.3を使えば問題なくインストールできると思うのですが。 こちらも選択肢としてはありではないかと。


トップへ
 
 記事の件名: Re: VMwareWorkstation 5.5.9のFedora11へのインストールについて
投稿記事Posted: 2011年2月07日(月) 22:29 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  プロフィール

登録日時: 2011年1月31日(月) 20:43
記事: 7
お返事ありがとうございます。

Fedora11で使用しているカーネルは"2.6.30"です
(Fedora11での最新カーネルですね)。

また最新のVMwareWorkstationである"7"では、CPUが"PAE"
に対応していないシステムでは使えないので、それの5.5.9を用いています。

参考:http://www.vmware.com/jp/support/ws7/doc/releasenotes_ws7.html

今回VMwareを導入したいシステムはIBMのノートPCの
"ThinkPad T42p"なのでCPUがそれに対応していないのです。

そういえば以下のWebの情報を参照して
"/usr/lib/vmware/modules/source/"以下にある
"vmmon.tar"ファイルを展開し、作成された"vmmon-only"ディレクトリ以下にある
"include"ディレクトリの"iocontrols.h"ファイルに次のような修正を行いました。

> (63行目)#define VMMON_VERSION (208 << 16 | 0)

> (63行目)#define VMMON_VERSION (138 << 16 | 0)

参考:http://uruz.org/2008/09/vmware-workstation-and-linux-2626/

そして上記の変更されたファイルを含む"vmmon.tar"を再作成し
"vmware-config.pl"を実行したらそれは上手くいきましたが、
仮想マシンを作成しその電源を入れたら、エラーのメッセージは出ませんでしたが、
仮想マシンの画面は真っ黒のままVMwareがフリーズしました
(今度こそは上手くいくと思っていたのですが(T_T))。

仮想マシンのあるディレクトリに保存されるVMwareのログファイルを見れば、
次のようなエラーメッセージが表示されています。


> Feb 07 18:11:00: vmx| PowerOn
> Feb 07 18:11:00: vmx| Host ACPI: can't find SRAT


トップへ
 
 記事の件名: Re: VMwareWorkstation 5.5.9のFedora11へのインストールについて
投稿記事Posted: 2011年2月08日(火) 05:05 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  WWW  プロフィール

登録日時: 2010年12月30日(木) 00:17
記事: 33
所在地: GA, USA
確かに7.0からPAE対応CPUでないとインストールできないと記されていますが、6.5.5ではその制限は無いように見うけられます。


トップへ
 
 記事の件名: Re: VMwareWorkstation 5.5.9のFedora11へのインストールについて
投稿記事Posted: 2011年2月09日(水) 10:45 
オフライン
Site Admin
アバター
プライベートメッセージ送信  メール  WWW  プロフィール

登録日時: 2008年9月08日(月) 21:17
記事: 428
所在地: 東京都
あいうえお さんが書きました:
> Version mismatch with vmmon module: expecting 138.0, got 208.0.

このエラー表示から考えて、下記の修正が問題を引き起こしている可能性が高いと思います。

あいうえお さんが書きました:
"include"ディレクトリの"iocontrols.h"ファイルに次のような修正を行いました。

> (63行目)#define VMMON_VERSION (208 << 16 | 0)

> (63行目)#define VMMON_VERSION (138 << 16 | 0)

参考:http://uruz.org/2008/09/vmware-workstation-and-linux-2626/

この修正を行わないと、"vmware-config.pl"が実行できなかったということでしょうか?
そうでないなら、元の記述に戻して試してみてはいかがでしょうか?

少なくとも参照されたサイトの説明は、バージョンの異なるカーネル(2.6.26)を対象としたものだと思います。ちなみに、この記事のコメント欄には2.6.27ではうまくいかないというようなことも書かれています。


トップへ
 
 記事の件名: Re: VMwareWorkstation 5.5.9のFedora11へのインストールについて
投稿記事Posted: 2011年2月11日(金) 17:34 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  プロフィール

登録日時: 2011年1月31日(月) 20:43
記事: 7
お返事ありがとうございます。

確かにVMwareWorkstationの"6"ではCPUがPAEに対応してなくても
インストールが行えますが、自分はそのライセンスを持っていないので、
VMwareWorkstationの"5"を用いています。

またVMwareWorkstationの"6"ではVMwarePlayerの"2"に対応していますが、
そのバージョンのVMwarePlayerでは仮想マシンの作成には対応していませんし…。


トップへ
 
 記事の件名: Re: VMwareWorkstation 5.5.9のFedora11へのインストールについて
投稿記事Posted: 2011年3月01日(火) 08:43 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  プロフィール

登録日時: 2011年1月31日(月) 20:43
記事: 7
---------
皆さんこんにちは。

VMware Workstationの"5.5.9"を"Fedora 11"にインストールするのが
上手くいかないという質問の記事を書かせていただきましたが、
VMware Workstationの"5.5.9"を"Fedora 8"へのインストールは成功しました。
以下にその手順を示す事にします(つまりFedoraはそのバージョン"8"
まではVMware Workstationの"5.5.9"に対応しているという事ですね)。

今回の結果を受けてVMware Workstationの"5.5.9"のインストールを
"Fedora 9"で挑戦してくださる方があらわれないでしょうか…。

↓以下手順です
Fedoraのカーネルのパッケージで"kernel-devel"と
"kernel-headers"パッケージのインストールを確認します。
もしインストールされていなければ入れておきます。
また"gcc""make"の開発系のパッケージも入れておきます。

そして以下のURLから"vmware-any-any-update117.tgz"をDLします。



またVMware Workstationのバージョン"5.5.9"のrpmパッケージも用意します。
rpmパッケージ名は"VMware-workstation-5.5.9-126128.i386.rpm"です。
これはVMware社のページからDLします。

rpmコマンドに"-ivh"オプションを付けて
"VMware-workstation-5.5.9-126128.i386.rpm"をインストールします。

DLした"vmware-any-any-update117.tgz"パッチを
任意の場所で解凍して展開します(例:/tmp以下)。
作成された"vmware-any-any-update117"ディレクトリの中にある
"vmware-any-any-update115"ディレクトリに移動します。

そして"runme"スクリプトを実行します。

# ./runme ← この様に入力して"Enter"キーを押します

VMwareのモジュールやソースファイルにパッチが自動で当てられます。
その後"vmware-config.pl"スクリプトを実行するか聞いてくるので、
"yes"と答えてそのスクリプトを実行します。

後はvmware-config.plの実施時の手順そのものです。
vmware-config.pl実行後にVMware Workstationを起動し仮想マシンを作成します。

作成した仮想マシンは問題無く起動しOSのインストールが可能になります。


トップへ
 
期間内表示:  ソート  
新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 13 件の記事 ]  ページ移動 1, 2  次へ

All times are UTC + 9 hours


オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[0人]


トピック投稿: 不可
返信投稿: 不可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
ファイル添付: 不可

検索:
ページ移動:  
cron

無料でマイフォーラムを作成する! · php-BB© · Internationalization Project · 不正利用を報告する · 使用条件/プライバシーポリシー
© Forums-Free.com 2009