Fedora Users Forum

Fedoraユーザのためのサポートフォーラム
現在時刻 - 2018年12月17日(月) 09:51

All times are UTC + 9 hours





新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 4 件の記事 ] 
作成者 メッセージ
 記事の件名: [解決済み]ハッシュ値について
投稿記事Posted: 2009年6月24日(水) 23:48 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  プロフィール

登録日時: 2008年11月03日(月) 21:48
記事: 271
こんばんわ

fedora 11 のISOイメージ書き込みのときに、ハッシュ値の比較することを教えていただき
興味がわいたので、ハッシュ値について調べてみました

google 検索で「 SHA-256 ハッシュ値 確認 」と検索してみました


これだけは知っておきたいアルゴリズム
    〜ハッシュ関数・公開鍵暗号・デジタル署名編

によれば、
引用:

●SHA-224/SHA-256/SHA-384/SHA-512

ハッシュ長は順に256ビット、384ビット、512ビット、224ビット

32ビット演算系CPUでの利用を前提とする場合にはSHA-224とSHA-256を、
64ビット演算系CPUでの利用を前提とする場合にはSHA-384とSHA-512を使うことが想定されている

SHA-224とSHA-384は、(初期ベクトル値は異なるものの)それぞれSHA-256またはSHA-512と同様の演算をした後、
それらのハッシュ値の一部(下位32ビットまたは128ビット)を切り捨てる形でハッシュ長を短くしているだけ


これらをみると、どうやらハッシュ値は暗号化の数値?のような感じですが・・・

fedora 11 のISOイメージが書き込めなかったときに、 vine_user さんに
ハッシュ値を比較してみましょうというアドバイスをいただき、

公式サイトからダウンロードしたisoイメージなら
6e812e782e52b536c0307bb26b3c244e1c42b644235f5a4b242786b1ef375358 *Fedora-11-i386-DVD.iso
という値であることを教えていただきました

自分のダウンロードしてきたISOイメージファイルについては、
フリーソフトウェアの AXHashTrans を使うことで調べることができましたが
比較するためのハッシュ値はどうやって調べればよいのでしょうか?

google で 「ハッシュ値 fedora 11 」と検索しても みあたりません
すみませんが、アドバイスお願いします


最後に編集したユーザー りなっくす初心者 [ 2009年7月07日(火) 21:52 ], 累計 1 回

トップへ
 
 記事の件名: Re: ハッシュ値について
投稿記事Posted: 2009年6月25日(木) 00:34 
オフライン
Site Admin
アバター
プライベートメッセージ送信  メール  WWW  プロフィール

登録日時: 2008年9月08日(月) 21:17
記事: 428
所在地: 東京都
詳しくは下記のページを参照して下さい。



このページの下記の部分のリンク先にそれぞれのhash値が記載されています。

インストール DVD / レスキュー CD
 ■ i386
 ■ x86_64
 ■ ppc

Live Media
 ■ i386
 ■ x86_64
 ■ i386 (KDE)
 ■ x86_64 (KDE)


旧バージョンについても,同様にISOファイルの検証に関するページがありますので,そちらを確認しておくといいでしょう。


トップへ
 
 記事の件名: Re: ハッシュ値について
投稿記事Posted: 2009年6月25日(木) 06:42 
オフライン
プライベートメッセージ送信  WWW  プロフィール

登録日時: 2008年9月20日(土) 23:35
記事: 278
所在地: にっぽん、ちゃちゃちゃ
 専門用語を検索する場合は、まずその言葉自体を検索してみましょう。この場合、「ハッシュ値」か「ハッシュ」になります。

 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Keyword/20070706/276987/

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E9%96%A2%E6%95%B0

 簡単に言えば、あるデータを数値計算により、数字に変換することです。

 2つのリンクのうち、下段のリンクをみて、最初の「用途」部分を見てください。

 高速な検索とは、例えば100個の名前があり、それをアイウエオ順に並べ替えろと言われるのと、100個の数字を大きい順に並べ替えろと言われた場合、やりやすいのはたぶん数字の並べ替えでしょう。(もちろん意地悪して、同じような数字ばかりの場合は、違うでしょうが、それだったら、同じような名前が並んでいる場合と比較すれば、やっぱり、数字の方が並べやすいですね。)

 コンピューターも、どちらかといえば、文字よりも数字の方が扱いやすいわけです。そこで、文章などをハッシュにしておくと、その文章が登録されているかどうかを調べるのはコンピューターにとっても、楽=早いわけです。

 「データの検証」および「改竄の検出」は似たような概念ですね。本文中に解説があるから、説明しません。

 回線にはノイズがつきものです。送られてくる情報は、コンピュータに入る間での過程に存在する様々な機器でもノイズを拾ってしまうため、いつも正確だというわけでありません。

 そのため、通常、ダウンロードを行っている場合にも、様々なレベルでエラーのチェックや修正が行われています。

 結果、送られてきた情報=ファイルは、たいていは正しいものです。ただ、現在のように大量に情報がやりとりされている場合、確率的に間違ったままになっていることもあり得ます。

 もっとあり得るのは、人的ミスや攻撃によって、送信側のファイルが本来のものから間違ったファイルへ変更されてしまうことです。

 受け手は、ダウンロードが済めば、それはたいてい正しいものだと考えてしまいます。そこで、linuxの世界では、ディストリビュートするisoファイルの検証が可能なように、ハッシュ値を公開して、受け手の確認を促しています。


トップへ
 
 記事の件名: Re: ハッシュ値について
投稿記事Posted: 2009年6月25日(木) 21:57 
オフライン
プライベートメッセージ送信  WWW  プロフィール

登録日時: 2008年9月13日(土) 12:37
記事: 250
所在地: 兵庫県
---------
確か、りなっくす初心者さんは今回、BitTorrentにてイメージを取得しておられますよね?
クライアントにもよるかもしれませんが、BitTorrentはハッシュのチェックを自動でやってくれたように思います。
ですので、ハッシュ値の出自について気付いていないのも無理はないかも知れません。

ちなみに、ハッシュ値を書いたテキストファイルはFedoraのリポジトリにイメージと一緒に置いてあります。
例えばとかですね。
このチェックサムファイルにはここに置いてあるISOイメージすべてのハッシュ値がかいてあるので、該当するイメージのダウンロードデータが正しいかをチェックすることとなります。

まぁ、詳しくは「md5sum」、「sha1sum」あたりでググってください。


トップへ
 
期間内表示:  ソート  
新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 4 件の記事 ] 

All times are UTC + 9 hours


オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[0人]


トピック投稿: 不可
返信投稿: 不可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
ファイル添付: 不可

検索:
ページ移動:  
cron

無料でマイフォーラムを作成する! · php-BB© · Internationalization Project · 不正利用を報告する · 使用条件/プライバシーポリシー
© Forums-Free.com 2009