Fedora Users Forum

Fedoraユーザのためのサポートフォーラム
現在時刻 - 2017年7月28日(金) 11:37

All times are UTC + 9 hours





新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 49 件の記事 ]  ページ移動 1つ前へ  1, 2, 3, 4, 5  次へ
作成者 メッセージ
 記事の件名: Re: fedora でイーモバイル
投稿記事Posted: 2009年5月27日(水) 20:11 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  プロフィール

登録日時: 2008年11月03日(月) 21:48
記事: 271
HiroKwsさん、情報ありがとうございます

まず、を試そうとしたのですが
引用:
Synapticパッケージマネージャから「GNOME-PPP」をインストールします。

の時点で断念しました

現在、ネットにつなげる手段がイーモバイルしかないので、
ネットにfedora をつなげられない
(イーモバイルを設定しないとfedora をネットに接続することができません
 Windows はつながります)
ので断念しました

次に、を試してみました

引用:
su -

で管理者権限になり
引用:
# vi /etc/ppp/peers/emobile

で設定ファイルを作成
内容を
引用:
user “em@em”
connect “/usr/sbin/chat -v -f /etc/chatscripts/pap -T *99***1#”
/dev/ttyUSB0
115200

noipdefault
usepeerdns
defaultroute
persist
noauth

と記述し保存

そして
引用:
# pon emobile

としてみたのですが
なぜか
引用:
-bash : pon: command not found

となります

ubuntu と fedora では存在するコマンドが違うのでしょうか?


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora でイーモバイル
投稿記事Posted: 2009年5月27日(水) 21:11 
オフライン
プライベートメッセージ送信  WWW  プロフィール

登録日時: 2008年9月20日(土) 23:35
記事: 278
所在地: にっぽん、ちゃちゃちゃ
 まずは、実機をもってなく、まあ、モバイル機を購入してネットに接続する予定のない私ですから、ここら辺の知識は対してありません。あしからず。

 ネット上での調査結果のみで、話しているわけです。成功したという、実体験からお話しできないので、そこら辺をくんでお読みくださいね。

 まずは、windows上からしか、現在ネットへ接続できないとのこと。

 fedora上にgnome-pppが存在していることは、googleで"gnome-ppp fedora"の検索をかけて、その結果から、確認済みでした。

 ある程度大きなディストリビューションであれば、ホームページから、パッケージを落とせるようになっているはずです。つまり、windowsでブラウザを利用して、配布先を見つけて、パッケージを落とし、今度はfedoraを立ち上げて、そこでインストールすればいいのでは無いかと、考えましたが、いかがでしょう。

 実際に"fedora gnome-ppp"で検索をかけると、が見つかりました。

 その中身を軽く流してよみ、更にそこにあるリンクをくりっくし、落とせそうなところがないかと調べてみました。

 をクリックし、移行したページを見ると、どうやら落とせそうな感じです。

 確か、初心者さんはfedora9をご利用だったかとおもいますが、fedora8でしたっけ?まあ、どちらでも、Buildsのところに、fedora6と8,9用のリンクがあります。

 それを押して、先に進むと、ありました。RPMsのところに、ダウンロードできそうなパッケージがありますね。(download)のところを押せば、落とせますよ。

 まあ、わたしは、各ディストリビューションへ深入りするほうでないので、こういった状況で、どこから落とすのが最適か、もっとよくご存じの方がいらっしゃると思います。そういった方の手助けがあればいいですね。

 ただ、ダウンロードできますが、パッケージの依存性、つまり、必要な他のパッケージを同様に、入手する必要が出るかもしれないことを、考えていてください。

もう、眠くて考えられなくなったので、またこんど。


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora でイーモバイル
投稿記事Posted: 2009年5月28日(木) 10:38 
オフライン
プライベートメッセージ送信  WWW  プロフィール

登録日時: 2008年9月20日(土) 23:35
記事: 278
所在地: にっぽん、ちゃちゃちゃ
 今日は仕事が休みになったため、時間ができました。ちょっとゆっくり読みかえせそうです。
 一応、ヒントはお教えしますが、どれをやるべきかはこちらでは判断できません。理解しやすい・やりやすいものから、試して見てください。


 まずは、最初につまずいたusb_modeswitchを使う方法から。

 使用する機種が異なれば、usbの中に存在している情報が異なります。ですから、異なった機種の情報を書き込んでも、当然、認識されないでしょう。

 /etc/usb_modeswitch.confとusr/local/sbin/d11lc.shの内容をご使用の機器に合わせて変更しなくてはならないはずです。(動作するという意味ではありません。最低、これは合わせないと、認識すらされないだろうということです)

 調べるためには、使用している機器を接続し、ルートになり、"lsusb -v"を端末で実行、表示される情報の中から該当するものを探しだし、その情報を上記の2つの設定ファイルに書き込むということになるんじゃないでしょうか。

 idVendor = 0x1c9eがどうやらイー・モバイルのようです。
 idProduct の値が異なっているでしょうから、その値を書き込むことになります。

 ご使用のモデムはusbメモリとしても機能するようですので、内部で2つにわかれていて、情報も2つ出力される可能性があります。注意して見てみましょう。


 次の方法について、読み直してみました。

 
引用:
D12HW fedora では検索しても見当たらないため、D12HW linux でgoogle 検索してみたところ
違うサイトになってしまいますが、


ubuntu で 同様の端末 D12HW を起動成功したとの記事が載っていました


 とのことで、元記事はubuntuを利用しているものと思っていました。画像もないですしね。
 今読み返してみると、使用されているのは、ubuntuではありません。EeePCにのっかるのは、ubuntuだけかと私も思っていました。メディアに頻出していましたからね。Ubuntuだけが。

 あれから、年月がたち、今や様々なLinuxがのるようですよ。

 成功している方のサイトを読み直すと、Xandrosプレインストールとかかれています。

 どうりで、ubuntuでやってみても、同じようにならないはずでした。w

 UbuntuもFedoraと同じような感じです。日本語されていますが。それと、追加の際に、一応ウィザードが動作し、会社を選ぶ要になっているようですが、イーモバを選ぶと、Numberが#77で名前em、パスワードは読めませんが2文字なので、多分emが設定されるようです。

 Network connectionsの設定画面から、新しい接続方法を作るために、+追加のボタンを押し、情報の設定画面になるのですが、そこでキャンセルを押すとクラッシュするのは、バグらしいです。こちらでも再現します。これはこれで、別問題なので、ほおっておきましょう。

 一回、これで追加してみて、再起動をかけて試して見てはいかがでしょうか。

 Create a GSM connectionを選択し、Numberに*99***1#、Usernameとパスワードにはemを設定になるらしいですね。モデムとして自動認識されていないと思うので、これだけで成功するとはおもえませんが、試して見るのも手です。簡単な方法ですから。


 次にGnome-pppを使う方法です。

 Fedora9までパッケージングされているようですが、10以降は止めていられるようです。いらなくなったのか、それとも、メンテなのかたがさぼっているのか。

 当方10ですが、9のパッケージをダウンロードしてためしてみました。ああ、昔、モデムの時代に、よくこういうの使ったなあ、という感じですね。

 初心者さんはwindows環境からダウンロードして、fedora環境でインストールしてください。GUIのファイルブラウザー、Nautilusからなら、ダブルクリックですね。

 依存パッケージもなさそう、というか、私のFedora10をインストールして、得に意図的にパッケージを追加していない状態でインストールしてみましたが、依存パッケージとして追加でインストールされたものはありませんでした。(一応調べたことはしらべたのですが、fedora10に9用のパッケージを突っ込んだことで、まず叱られてますので、正確な情報はわかりません。w ブラウザからdatabaseで確認した時には、なにかあったような気もしましたが。w)

 これが一番細かい制御などができそうだなとは思いますが、今後、使用できるのかがいまいち不安です。

 もし、東京にいらっしゃる間だけ使用されるのなら、これがよいかもしれませんね。将来も使用したいのなら、別の方法がないか、ネットに上がってくる情報に気をつけていることをおすすめします。


 最後に、私が紹介したviva ubuntuに書かれている方法ですが、pon/poffはスクリプトコマンドで、モデムの接続をon/offするものらしいです。それが、Fedoraには存在しないので、まあ、最初のusb switcherの登場となるのでしょうかね?

 ここら辺は実際にモバイル環境を使用されているか他の登場を待ちましょう。


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora でイーモバイル
投稿記事Posted: 2009年5月29日(金) 17:25 
オフライン
プライベートメッセージ送信  WWW  プロフィール

登録日時: 2008年9月20日(土) 23:35
記事: 278
所在地: にっぽん、ちゃちゃちゃ
 usb mode switcherのHPを読んできました。

 usb_modeswitch.confのコメントに書かれているのですが、DefaultVendorとDefaultProductは、USBを差し込んだときに認識されるidで、switchが成功したときのidがTargetVendorとTargetProductだそうです。

 すると、lsusbかlshwかな?で、表示される最初のidがDefaultVendorとDefaultProductと一致していれば、動作するのかもしれません。

 HPを読んでみると、Windows上でUSBに送られる情報をスパイ=監視して、それらの情報を取得し、その情報でlinuxで動作させるようです。HPには、それを行うための監視ツールへのリンクもありました。

 動作させるためにlibusbが必要だそうです。忘れるなと書かれています。デストリによってはlibusb-dev"や"libusb-develの名前でパッケージされているそうです。入ってます?確認した方がいいですね。

 あと、動作テストの時は、シェルスクリプトを動作させるのでなくて、usb_modeswitch単体をルートで実行した方が、動作の検証がやりやすいでしょう。-hのオプションでヘルプが表示され、.confファイルの設定によらず、実行時の値を変更して起動できるようです。それで成功したら、その値を.confファイルに書き込込んだ方が、早いですね。

 実行時は必ずルートでコマンドを起動してくださいと念を押してありました。わすれないように。w


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora でイーモバイル
投稿記事Posted: 2009年5月29日(金) 17:31 
オフライン
プライベートメッセージ送信  WWW  プロフィール

登録日時: 2008年9月20日(土) 23:35
記事: 278
所在地: にっぽん、ちゃちゃちゃ
 今、d11lc.shのシェルスクリプトを実行したときの状況を読み返しましたが、ルートで実行されていないような気がします。w

 単に、ルートで実行してみるのが、一番最初に行うべきことですね。


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora でイーモバイル
投稿記事Posted: 2009年5月29日(金) 21:57 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  プロフィール

登録日時: 2008年11月03日(月) 21:48
記事: 271
こんばんわ HiroKwsさん
ルートで
d11lc.sh を
実行してみましたが、うまくいきませんでした
引用:
[snow@localhost ~]$ su -
パスワード:
[root@localhost ~]# d11lc.sh

* usb_modeswitch: tool for controlling "flip flop" mode USB devices
* Version 0.9.7 (C) Josua Dietze 2009
* Works with libusb 0.1.12 and probably other versions

Looking for target devices ...
No devices in target mode or class found
Looking for default devices ...
No default device found. Is it connected? Bye!

となります

パッケージについてですが
引用:
[root@localhost ~]# rpm -qa libusb
libusb-0.1.12-15.fc9.i386

となりましたので
libusb は入っています

しかし、libusb-devel libusb-dev は入っていないようです
引用:
[root@localhost ~]# rpm -qa libusb-devel
[root@localhost ~]# rpm -qa libusb-dev
[root@localhost ~]#


うusb の IDについては
引用:
[root@localhost ~]# lsusb
Bus 001 Device 003: ID 0411:0111 MelCo., Inc.
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 002 Device 003: ID 12d1:1003 Huawei Technologies Co., Ltd. E220 HSDPA Modem / E270 HSDPA/HSUPA Modem
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
[root@localhost ~]#

で調べることができました

スクリプトではなく、コマンドで usb_switch を実行したのですが
スクリプト実行時と同じようなメッセージが表示されます
引用:
[root@localhost ~]# usb_modeswitch

* usb_modeswitch: tool for controlling "flip flop" mode USB devices
* Version 0.9.7 (C) Josua Dietze 2009
* Works with libusb 0.1.12 and probably other versions

Looking for target devices ...
No devices in target mode or class found
Looking for default devices ...
No default device found. Is it connected? Bye!


気になるのは、-h オプションをつけて usb_switch を実行したときのメッセージです
引用:
[root@localhost ~]# usb_modeswitch -h

* usb_modeswitch: tool for controlling "flip flop" mode USB devices
* Version 0.9.7 (C) Josua Dietze 2009
* Works with libusb 0.1.12 and probably other versions

Usage: usb_modeswitch [-hvpVPmMrdHn] [-c filename]

-h, --help this help
-v, --DefaultVendor [nr] set vendor number to look for
-p, --DefaultProduct [nr] set model number to look for
-V, --TargetVendor [nr] target vendor; needed for success check
-P, --TargetProduct [nr] target model; needed for success check
-C, --TargetClass [nr] target device class
-m, --MessageEndpoint [nr] where to direct command sequence
-M, --MessageContent [nr] command sequence to send
-r, --ResponseEndpoint [nr] if given, read response from there
-d, --DetachStorageOnly [1|0] whether to just detach the storage driver
-H, --HuaweiMode [1|0] whether to just apply a special sequence
-S, --SierraMode [1|0] whether to just apply a special sequence
-O, --SonyMode [1|0] whether to just apply a special sequence
-R, --ResetUSB [1|0] whether to reset the device in the end
-c, --config [filename] load different config file
-Q, --quiet don't show progress or error messages
-W, --verbose print all settings before running
-s, --success [nr] check switching result after [nr] secs

-i, --Interface select initial USB interface (default 0)
-u, --Configuration select USB configuration
-a, --AltSetting select alternative USB interface setting

となるのですが、こちらも同じように
引用:
* Works with libusb 0.1.12 and probably other versions

というメッセージが出てきます
もしかして、usblib のバージョンが古いのでしょうか?


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora でイーモバイル
投稿記事Posted: 2009年5月30日(土) 06:30 
オフライン
プライベートメッセージ送信  WWW  プロフィール

登録日時: 2008年9月20日(土) 23:35
記事: 278
所在地: にっぽん、ちゃちゃちゃ
 仕事へ行かなくてはならないので、時間ありません。簡単に。

 USBのidが違っているようですので、.propを書き直すか、コマンドにオプションをつけて実行し、テストしてください。

 シェルで実行しようと、コマンド単独で実行しようと、当然同じエラーが出ます。ただ、コマンド単独で実行するのなら、オプションで、lsusbで拾った結果をつけて、実行できると言うことです。いちいち.propを書き直さなくても、実行できるので、動作テストがやりやすいだろうと、いう利点があります。

 あとは、他の回答者の皆さん。よろしくお願いします。


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora でイーモバイル
投稿記事Posted: 2009年5月30日(土) 14:07 
オフライン
プライベートメッセージ送信  WWW  プロフィール

登録日時: 2008年9月20日(土) 23:35
記事: 278
所在地: にっぽん、ちゃちゃちゃ
 仕事が速く終わったので、とりあえずヒントを。

 lsusbの結果を見る限り、Huawei Technologies社のOEM製品でしょう。ID 12d1:1003でusb_modeswitch.confファイルの中とも一致しています。

すると、confファイルの中で、以下の場所を見つけ、 
コード:
########################################################
# Huawei E220 (aka "Vodafone EasyBox II", aka "T-Mobile wnw Box Micro")
# Huawei E270
# Huawei E870
# and probably most other Huawei devices (just adapt product ID)
#
# Two options: 1. removal of "usb-storage"  2. the special control
# message found by Miroslav Bobovsky
#
# Contributor: Hans Kurent, Denis Sutter

;DefaultVendor=  0x12d1;
;DefaultProduct= 0x1003

# choose one of these:
;DetachStorageOnly=1
;HuaweiMode=1


4行、先頭が;で始まる行の、;を取り除きます。

その後、前に;を取り除いた部分に、逆に;をつけてあげます。

それで、テストしてみてはいかがでしょう。


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora でイーモバイル
投稿記事Posted: 2009年5月30日(土) 16:12 
オフライン
プライベートメッセージ送信  WWW  プロフィール

登録日時: 2008年9月20日(土) 23:35
記事: 278
所在地: にっぽん、ちゃちゃちゃ
 更に、忘れないうちに情報のみ書いておきます。

 Huawei社のUSBモデムは全製品idが一緒だそうです。ということは、ちょっと前のものも、現在のものも、OS側から見たら、同じモデムに見えると言うことです。まあ、id以外を見てみると、異なっていることがわかるのかもしれませんが、lsusbの結果を見る限り、Huawei社のモデムと見えるはずです。

 すると、サポートされていない、ネットワークマネージャーで簡単に使用できないというのは、ちょっと解せないですね。そこで、Googleしました。

 製品は異なっていますが、Huawei社のUSBモデムをFedora9で動かしている方がいらっしゃいました。日本人らしいですが、イギリスに住んでいるらしく、英語です。
 

 UbuntuフォーラムではイーモバイルのUSBモデムが認識されない件を、最近取り扱っています。
 

 どこかのlinuxフォーラムでは、別製品ですが(E220)単にプラグオンで、Fedora10では問題なくつながっていると書かれています。
 

 調べると、もっと、様々な状況が出てきました。ネットワークマネージャーあたりの作りが悪いようですね。

 まあ、以上、参考までに。

 とりあえずは、usb_modeswitchの動作をがんばってください。


(追加:


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora でイーモバイル
投稿記事Posted: 2009年5月31日(日) 18:39 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  プロフィール

登録日時: 2008年11月03日(月) 21:48
記事: 271
---------
こんにちわ HiroKwsさん

いろいろと情報を調べてくださりありがとうございます
さっそく
引用:
[snow@localhost ~]$ su -
パスワード:

で管理者権限になり

引用:
[root@localhost ~]# vi /etc/usb_modeswitch.conf

で設定ファイルを開いて

引用:
/Two

で設定ファイルがある場所を見つけ

;
のついている場所
引用:
;DefaultVendor= 0x12d1;
;DefaultProduct= 0x1003

# choose one of these:
;DetachStorageOnly=1
;HuaweiMode=1

から ; を外し
引用:
DefaultVendor= 0x12d1;
DefaultProduct= 0x1003

# choose one of these:
DetachStorageOnly=1
HuaweiMode=1

としました

そして、前回 設定を変更した場所へ
引用:
/Alcatel

で移動し
引用:

DefaultVendor= 0x1c9e
DefaultProduct= 0x1001

TargetVendor= 0x1c9e
TargetProduct= 0x6061

MessageEndpoint=0x05
MessageContent="55534243123456780000000000000606f50402527000000000000000000000"


へ ; をつけコメントアウト状態にしました

引用:
;DefaultVendor= 0x1c9e
;DefaultProduct= 0x1001

;TargetVendor= 0x1c9e
;TargetProduct= 0x6061

;MessageEndpoint=0x05
;MessageContent="55534243123456780000000000000606f50402527000000000000000000000"

以上の設定をした後に
D12HWを差し込んで、usb_switch を実行してみました
引用:
[root@localhost ~]# usb_modeswitch

* usb_modeswitch: tool for controlling "flip flop" mode USB devices
* Version 0.9.7 (C) Josua Dietze 2009
* Works with libusb 0.1.12 and probably other versions

Looking for default devices ...
Found default devices (1)
Prepare switching, accessing device 003 on bus 002 ...
Invalid mode combination. Check your configuration. Aborting.

lsusb で見てみました
引用:
[root@localhost ~]# lsusb
Bus 001 Device 002: ID 0411:0111 MelCo., Inc.
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 002 Device 003: ID 12d1:1003 Huawei Technologies Co., Ltd. E220 HSDPA Modem / E270 HSDPA/HSUPA Modem
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub


あとは コメントアウトする場所を変更したため
d11lc.sh の設定を変える必要がありそうです

コメントアウトする場所を変える前の数値は
引用:
/sbin/modprobe usbserial vendor=0×1c9e product=0×6061


でしたが
今回、コメントアウトする場所を変えたので変更する必要がありそうです
ただ、今回コメントアウトを解除した場所には
前回指定した数値の元になる
引用:
TargetVendor= 0×1c9e
TargetProduct= 0×6061




がありません

あるのは
引用:
DefaultVendor= 0x12d1;
DefaultProduct= 0x1003


の2つしかありません

target の数値がないということは、この方法ではつなげられないのでしょうか?


トップへ
 
期間内表示:  ソート  
新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 49 件の記事 ]  ページ移動 1つ前へ  1, 2, 3, 4, 5  次へ

All times are UTC + 9 hours


オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]


トピック投稿: 不可
返信投稿: 不可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
ファイル添付: 不可

検索:
ページ移動:  
cron

無料でマイフォーラムを作成する! · php-BB© · Internationalization Project · 不正利用を報告する · 使用条件/プライバシーポリシー
© Forums-Free.com 2009