Fedora Users Forum

Fedoraユーザのためのサポートフォーラム
現在時刻 - 2019年3月19日(火) 15:08

All times are UTC + 9 hours





新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 43 件の記事 ]  ページ移動 1, 2, 3, 4, 5  次へ
作成者 メッセージ
 記事の件名: [解決済み]fedora 9 で java開発環境導入
投稿記事Posted: 2009年4月11日(土) 12:11 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  プロフィール

登録日時: 2008年11月03日(月) 21:48
記事: 271
おはようございます

現在、いまだにfedora 9 を使ってます
どうも、以前 ubuntu 8.04 のときのアップグレードで、fedora 9 が起動しなくなったので
もうすこし調べてから fedora 10 にアップグレードしようと思います

今回は、以前 アプリケーションプログラミングについて の投稿のあと、他にもいろいろやってみようと思い
java の開発環境をいれてみることにしました


を参考に行おうとしたのですが、

Sunのダウンロードページ

に J2SE 1.4.2 は、2008 年 10 月 30 日をもってサービス終了 (EOSL: End of Service Life) となりました 
とかかれていたので


参考にして行ってみようと思います


最後に編集したユーザー りなっくす初心者 [ 2009年5月06日(水) 13:14 ], 累計 1 回

トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora 9 で java開発環境導入
投稿記事Posted: 2009年4月18日(土) 20:29 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  プロフィール

登録日時: 2008年11月03日(月) 21:48
記事: 271
●JDKのインストール
 
 を参考に
 google で「Fedora java プログラミング」と検索し
 
 で
 Fedora 9 Java 6 SDK のインストール が見つかりましたので
 java SDK をインストールしてみました

 まず、
 ●JDKのインストール
 
 を参考に
 Java SE Development Kit(JDK) JDK6 Update 13
 
 へ行き
 jdk-6u10-linux-i586-rpm.bin
 をダウンロードしました
 
 次に権限変更で
 # chmod a+x jdk-6u10-linux-i586-rpm.bin

 インストール - ライセンス契約に同意するため
 # ./jdk-6u10-linux-i586-rpm.bin

 javacを確認するため
 # ls -l /usr/bin/javac
lrwxrwxrwx 1 root root 27 2009-04-18 18:16 /usr/bin/javac -> /usr/java/default/bin/javac

 alternatives コマンドでSun JDKを登録するため
 # alternatives --install /usr/bin/java java /usr/java/default/bin/java 30

 alternatives コマンドでSunのJDKをデフォルトにするため
 # alternatives --config java

3 プログラムがあり 'java' を提供します。

選択 コマンド
-----------------------------------------------
*+ 1 /usr/lib/jvm/jre-1.6.0-openjdk/bin/java
2 /usr/lib/jvm/jre-1.5.0-gcj/bin/java
3 /usr/java/default/bin/java

Enter を押して現在の選択 [+] を保持するか、選択番号を入力します
 
 で Enter を押しました

 $ vi HelloWorld.java
でファイルを作成し
 
public class HelloWorld {
public static void main(String args[]) {
System.out.println("Hello World!");
}
}

 を記述して
 :wq
 で保存

 これで無事にコンパイルできると思ったのですが
 $ javac HelloWorld.java

 のあと
 $ls -l
でファイルを確認しても 
 -rw-rw-r-- 1 snow snow 108 2009-04-18 19:21 HelloWorld.java
としか表示されません

 ほかのサイトを調べて見ましたが
 Java開発実行環境を構築する(J2SDK-Linux編)
 
 では別のやりかたをしています

 また、
 はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -のサイト
 
 でも別のやり方が載っています

 はじめての自宅サーバ構築 - Fedora/CentOS -
  
 には
 環境ファイルの編集
# vi /etc/profile

以下を最終行に追加

export JAVA_HOME=/usr/local/java
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar

編集した環境ファイルを反映させる
# source /etc/profile

 となっていて、

 Java開発実行環境を構築する(J2SDK-Linux編)のサイト
 
 では
 環境変数にJAVAのパスを追加

[root@linux root]# vi /etc/profile ← 環境変数を編集
export JAVA_HOME=/usr/java/j2sdk1.4.2_04 ← 最終行へ追加
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin ← 最終行へ追加
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar ← 最終行へ追加

[root@linux root]# source /etc/profile ← 環境変数を反映

 となっているので
 どちらかわからないので
 
 # vi /etc/profile
 で最終行に
 
export JAVA_HOME=/usr/local/java
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar

 を追記しました

 しかし、相変わらずコンパイル不可能です

 もしよろしければ アドバイスお願いします


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora 9 で java開発環境導入
投稿記事Posted: 2009年4月23日(木) 20:40 
オフライン
プライベートメッセージ送信  WWW  プロフィール

登録日時: 2008年9月20日(土) 23:35
記事: 278
所在地: にっぽん、ちゃちゃちゃ
引用:
alternatives コマンドでSun JDKを登録するため
 # alternatives --install /usr/bin/java java /usr/java/default/bin/java 30

 alternatives コマンドでSunのJDKをデフォルトにするため
 # alternatives --config java

3 プログラムがあり 'java' を提供します。

選択 コマンド
-----------------------------------------------
*+ 1 /usr/lib/jvm/jre-1.6.0-openjdk/bin/java
2 /usr/lib/jvm/jre-1.5.0-gcj/bin/java
3 /usr/java/default/bin/java

Enter を押して現在の選択 [+] を保持するか、選択番号を入力します
 
 で Enter を押しました

Enterだけを押していますが、本来3番を選択するべきでなかったでしょうか?

そしてjava -versionを実行し、切り替わっていることを、と同様に、確認するべきです。


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora 9 で java開発環境導入
投稿記事Posted: 2009年4月23日(木) 23:52 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  プロフィール

登録日時: 2008年11月03日(月) 21:48
記事: 271
みなさん、いろいろとお手数をかけてしまい申し訳ありません

現状の状態を少しまとめてみることにしました

★参考サイト

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1 java の開発環境を入れるため
 ava SE Development Kit(JDK) JDK6 Update 13
 
 へ行き
 jdk-6u13-linux-i586-rpm.bin をダウンロード

2、権限を変更するため
   chmod a+x jdk-6u13-linux-i586-rpm.bin

3、インストール - ライセンス契約に同意するので
   ./jdk-6u13-linux-i586-rpm.bin

4、javacを確認
   ls -l /usr/bin/javac
lrwxrwxrwx 1 root root 27 2009-04-18 18:16 /usr/bin/javac -> /usr/java/default/bin/javac

5、alternatives コマンドでSun JDKを登録
  alternatives --install /usr/bin/java java /usr/java/default/bin/java 30

6、alternatives コマンドでSunのJDKをデフォルトにするため
 # alternatives --config java

7、選択 コマンドを選択
-----------------------------------------------
*+ 1 /usr/lib/jvm/jre-1.6.0-openjdk/bin/java
2 /usr/lib/jvm/jre-1.5.0-gcj/bin/java
3 /usr/java/default/bin/java

Enter を押して現在の選択 [+] を保持するか、選択番号を入力で
 1の /usr/lib/jvm/jre-1.6.0-openjdk/bin/java を選択

8、HelloWorld.java のコンパイル
 $ vi HelloWorld.java でファイルを作成し
 
public class HelloWorld {
public static void main(String args[]) {
System.out.println("Hello World!");
}
}
 を記述して :wq で保存
 これで無事にコンパイルできると思ったのですが
 $ javac HelloWorld.java
 $ls -al
 で HelloWorld.class が作成されていないので、他の手法を試し始めました

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

9、を参考に
  /etc/profile を編集
  最終行に
  export JAVA_HOME=/usr/java/jdk1.6.0_12
  export CLASSPATH=$JAVA_HOME/lib
  export PATH=$JAVA_HOME/bin:$JAVA_HOME/jre/bin:$PATH
  を追記

10、元のやつの名前を変更し、新しいJAVA実行ファイルにリンクを付ける。
 mv /usr/bin/java /usr/bin/java.1.6.0.0.bak
 ln -s /usr/java/jdk1.6.0_12/bin/java /usr/bin/

11、# mv /usr/bin/java /usr/bin/java1.6.0.0.back としたとたん
You have new mail in /var/spool/mail/root と表示され、以降、http://fedora.forums-free.com/topic-t129.html
  へ書きつづけています(12からは、そのときに操作した記録になります)

12、$which java で 優先されるjavaコマンドを確認すると
   /usr/bin/java に
   おそらく、ln -s /usr/java/jdk1.6.0_12/bin/java /usr/bin/ を行ったのが原因では?

13、#vi /etc/profile で設定ファイルを開き、最終行を
   export JAVA_HOME=/usr/java/jdk1.6.0_13
   export CLASSPATH=$JAVA_HOME/lib
   export PATH=$JAVA_HOME/bin:$JAVA_HOME/jre/bin:$PATH
   へ書き換え

14、 javac -verbose HelloWorld.java  でもエラーがでず、エラーログからはさがせませんでした

15、$ export PATH=/usr/java/jdk1.6.0_13/jre/bin:/usr/lib/qt-3.3/bin:/usr/kerberos/bin:/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/home/snow/bin
   でPATHを設定しなおし

16、絶対パスでコンパイルを試み
   $ /usr/java/jdk1.6.0_13/bin/javac HelloWorld.java
   しかし、なにも反応なし

17、[url]http://adst.jp/reminder/366.html
[/url]を参考に、yum remove java-1.4.2-gcj-compat でアンインストールしてみるが
   コンパイルできなかったため、元通りにもどすため
   yum install java-1.4.2-gcj-compat で再度インストール


18、vi /etc/profile で 最終行に 環境変数にJAVAのパスを追加
  いろいろ変更を繰り返し、いまの状態は
  最終行に
  export JAVA_HOME=/usr/java/jdk1.6.0_13
  export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
  export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar

  が追記されている状態という状態です
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここまでで、今まで行った操作がひととりになります


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora 9 で java開発環境導入
投稿記事Posted: 2009年4月24日(金) 00:03 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  プロフィール

登録日時: 2008年11月03日(月) 21:48
記事: 271
# alternatives --config java で
2 /usr/java/default/bin/java
を選択し、

# java -version
java version "1.6.0_13"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_13-b03)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 11.3-b02, mixed mode, sharing)

とはなるものの、はやり HelloWorld.class は作成されません

一番最初に参考にしたサイト

から変更したところは、
引用:
1、 /etc/profile で 最終行に 環境変数にJAVAのパスを追加

  export JAVA_HOME=/usr/java/jdk1.6.0_13
  export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
  export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar

  が追記されている


引用:

2、新しいJAVA実行ファイルにリンクを付けている
 mv /usr/bin/java /usr/bin/java.1.6.0.0.bak
 ln -s /usr/java/jdk1.6.0_12/bin/java /usr/bin/


3、$ export PATH=/usr/java/jdk1.6.0_13/jre/bin:/usr/lib/qt-3.3/bin:/usr/kerberos/bin:/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/home/snow/bin
 でパスを再設定している

というところです


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora 9 で java開発環境導入
投稿記事Posted: 2009年4月24日(金) 06:16 
オフライン
プライベートメッセージ送信  WWW  プロフィール

登録日時: 2008年9月20日(土) 23:35
記事: 278
所在地: にっぽん、ちゃちゃちゃ
 一応確認しますが、インストールの前にスーパーユーザーになっていますよね?

 Fedora10を入れてみました。9ではありませんが何かの参考になるかもしれません。

 インストール前:

 
コード:
[hiro@hirofedora usr]$ java -version
java version "1.6.0_0"
IcedTea6 1.3.1 (6b12-Fedora-10) Runtime Environment (build 1.6.0_0-b12)
OpenJDK Server VM (build 1.6.0_0-b12, mixed mode)
[hiro@hirofedora usr]$ which java
/usr/bin/java
[hiro@hirofedora usr]$ javac
bash: javac: command not found
[hiro@hirofedora usr]$ set | grep JAVA
[hiro@hirofedora usr]$ set | grep PATH
PATH=/usr/lib/qt-3.3/bin:/usr/kerberos/bin:/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/local/sbin:/usr/sbin:/sbin:/home/hiro/bin

 /usr/javaディレクトリィーはありません。ちなみに、最初のアップデートもかかっていない状況です。

 アップデート後はjavaのバージョンのみ変化しました。
コード:
[hiro@hirofedora ~]$ java -version
java version "1.6.0_0"
IcedTea6 1.4 (fedora-15.b14.fc10-i386) Runtime Environment (build 1.6.0_0-b14)
OpenJDK Server VM (build 14.0-b08, mixed mode)


 ここで、システムのアップデートを適用するために、再起動しました。再起動後も上記の状況に変化はありません。

 JDKをインストールします。sunのサイトのやり方にしたがいました。
 1.ダウンロード
 2.ダウンロードしたディレクトリへ移動
 3.su
 4.chmod a+xで実効権限をつける
 5../jdk-6.....を実行(インストール)
  5.1.ライセンスの確認 qキーで飛ばして、yesで承認
コード:
Do you agree to the above license terms? [yes or no]
yes
Unpacking...
Checksumming...
Extracting...
UnZipSFX 5.50 of 17 February 2002, by Info-ZIP (Zip-Bugs@lists.wku.edu).
  inflating: jdk-6u13-linux-i586.rpm 
  inflating: sun-javadb-common-10.4.1-3.1.i386.rpm 
  inflating: sun-javadb-core-10.4.1-3.1.i386.rpm 
  inflating: sun-javadb-client-10.4.1-3.1.i386.rpm 
  inflating: sun-javadb-demo-10.4.1-3.1.i386.rpm 
  inflating: sun-javadb-docs-10.4.1-3.1.i386.rpm 
  inflating: sun-javadb-javadoc-10.4.1-3.1.i386.rpm 
準備中...                ########################################### [100%]
   1:jdk                    ########################################### [100%]
Unpacking JAR files...
   rt.jar...
   jsse.jar...
   charsets.jar...
   tools.jar...
   localedata.jar...
   plugin.jar...
   javaws.jar...
   deploy.jar...
Installing JavaDB
準備中...                ########################################### [100%]
   1:sun-javadb-common      ########################################### [ 17%]
   2:sun-javadb-core        ########################################### [ 33%]
   3:sun-javadb-client      ########################################### [ 50%]
   4:sun-javadb-demo        ########################################### [ 67%]
   5:sun-javadb-docs        ########################################### [ 83%]
   6:sun-javadb-javadoc     ########################################### [100%]

Java(TM) SE Development Kit 6 successfully installed.

Product Registration is FREE and includes many benefits:
* Notification of new versions, patches, and updates
* Special offers on Sun products, services and training
* Access to early releases and documentation

Product and system data will be collected. If your configuration
supports a browser, the Sun Product Registration form for
the JDK will be presented. If you do not register, none of
this information will be saved. You may also register your
JDK later by opening the register.html file (located in
the JDK installation directory) in a browser.

For more information on what data Registration collects and
how it is managed and used, see:
http://java.sun.com/javase/registration/JDKRegistrationPrivacy.html

Press Enter to continue.....


Done.


 この時点で確認してみます。

コード:
[root@hirofedora ダウンロード]# alternatives --config java

2 プログラムがあり 'java' を提供します。

  選択       コマンド
-----------------------------------------------
*+ 1           /usr/lib/jvm/jre-1.6.0-openjdk/bin/java
   2           /usr/lib/jvm/jre-1.5.0-gcj/bin/java

Enter を押して現在の選択 [+] を保持するか、選択番号を入力します:
[root@hirofedora ダウンロード]# java -version
java version "1.6.0_0"
IcedTea6 1.4 (fedora-15.b14.fc10-i386) Runtime Environment (build 1.6.0_0-b14)
OpenJDK Server VM (build 14.0-b08, mixed mode)
[root@hirofedora ダウンロード]# which java
/usr/bin/java
[root@hirofedora ダウンロード]# javac -version
javac 1.6.0_13
[root@hirofedora ダウンロード]# which javac
/usr/bin/javac
[root@hirofedora ダウンロード]# ls -la /usr/bin/javac
lrwxrwxrwx 1 root root 27 2009-04-24 07:06 /usr/bin/javac -> /usr/java/default/bin/javac
[root@hirofedora ダウンロード]# set | grep JAVA
[root@hirofedora ダウンロード]# set | grep PATH
PATH=/usr/kerberos/sbin:/usr/lib/qt-3.3/bin:/usr/kerberos/bin:/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/local/sbin:/usr/sbin:/sbin:/home/hiro/bin


 この時点でjavacはパスが通っているようですね。実行可能です。

 ということは、やるべきことは、
 1.alternativesコマンドでjavaの実効環境を切り替えられるようにするか、自分でjavaコマンドにパスを通す。
 2.sunのjavaの実行のため、CLASSPATHを設定。(必要ならJAVA_HOMEも)
 3.必要ならブラウザのブラグインを設定する。(アプレットの実行のため)


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora 9 で java開発環境導入
投稿記事Posted: 2009年4月24日(金) 19:03 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  プロフィール

登録日時: 2008年11月03日(月) 21:48
記事: 271
こんばんわ
お返事ありがとうございます

インストールの前には、管理者権限になっています

HiroKwsさんのログを参考に、自分の状態を再確認してみました
引用:
[root@localhost snow]# java -version
java version "1.6.0_13"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_13-b03)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 11.3-b02, mixed mode, sharing)
[root@localhost snow]# which java
/usr/bin/java
[root@localhost snow]# javac -version
[root@localhost snow]# which javac
/usr/bin/javac
[root@localhost snow]# ls -la /usr/bin/javac
lrwxrwxrwx 1 root root 27 2009-04-18 18:16 /usr/bin/javac -> /usr/java/default/bin/javac
[root@localhost snow]# set | grep JAVA
JAVA_HOME=/usr/java/jdk1.6.0_13
[root@localhost snow]# set | grep PATH
CLASSPATH=.:/usr/java/jdk1.6.0_13/jre/lib:/usr/java/jdk1.6.0_13/lib:/usr/java/jdk1.6.0_13/lib/tools.jar
PATH=/usr/kerberos/sbin:/usr/lib/qt-3.3/bin:/usr/kerberos/bin:/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/java/jdk1.6.0_13/bin:/home/snow/bin
QT_PLUGIN_PATH=/home/snow/.kde/lib/kde4/plugins/:/usr/lib/kde4/plugins/:/root/.kde/lib/kde4/plugins/:/usr/lib/kde4/plugins/


見比べてきてわかったのですが、
自分の環境では
#javac -version
をおこなっても何も表示されません

HiroKwsさんの環境では
引用:
[root@hirofedora ダウンロード]# javac -version
javac 1.6.0_13

というように、ちゃんと表示されています

自分の環境で、パスが通っていないのかと思ったのですが
#which javac
/usr/bin/javac

表示されています

これが原因なのでしょうか?


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora 9 で java開発環境導入
投稿記事Posted: 2009年4月25日(土) 00:19 
オフライン
プライベートメッセージ送信  WWW  プロフィール

登録日時: 2008年9月20日(土) 23:35
記事: 278
所在地: にっぽん、ちゃちゃちゃ
 既にいろいろ、行われているので、原因追及は難しいですね。

 特に、結果が同じ部分について「これが原因か?」と聞かれても、「結果が同じなら、それは原因では無いでしょう」としか答えられません。

 どうしても原因追及をしたいというなら、関連しそうなパスやなにやら、リンクうんぬん全部を乗せるためにFedora9を再インストールしなくてはなりません。私はそれはできません。時間的なコストがかかりすぎます。

 求めているのがあくまでもjavacを動作するようにするというのなら、インストール前のクリーンな状態、つまり環境変数も設定されておらず、関連するリンクも解除し、パッケージも登録削除、alternativesも登録削除、/usr/javaも削除した状態で、再インストールするのが早いと思います。そのための指針になるかと思い、インストールの状態を事細かに乗せてみました。

 それで、単純にsunのサイトの指示に従い、つまり私がやったように行えば、少なくともjavacは動作するはずです。

 ここまでくれば、あとはjavaの実行パスを通すため、リンクを張るなり、alternativesで切り替えられるように、登録したりします。

 さらに、sun javaがクラスを見つけられるように、CLASSPATHを設定してあげます。

 必要なら、つまり他のプログラムがどのjavaを使っているかを明示的に示すためにJAVA_HOMEを設定することもできます。

 eclipsやNetBeansのような統合環境もインストールできるでしょう。


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora 9 で java開発環境導入
投稿記事Posted: 2009年4月25日(土) 15:33 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  プロフィール

登録日時: 2008年11月03日(月) 21:48
記事: 271
こんにちわ
昨日は夜遅くまでありがとうございました

引用:
 求めているのがあくまでもjavacを動作するようにするというのなら、インストール前のクリーンな状態、つまり環境変数も設定されておらず、関連するリンクも解除し、パッケージも登録削除、alternativesも登録削除、/usr/javaも削除した状態で、再インストールするのが早いと思います


とアドバイスをいただいきましたので、
引用:
環境変数の削除
関連リンク解除
パッケージの登録削除
alternatives の登録削除
/usr/java の削除

のあと、再インストールしてみます

このあたりは今までやったことがないので、いろいろ調べたりしてみます

またわからないことがでてきたりするとおもいますので、そのときはお手数ですがアドバイスお願いします


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora 9 で java開発環境導入
投稿記事Posted: 2009年4月25日(土) 16:11 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  プロフィール

登録日時: 2008年11月03日(月) 21:48
記事: 271
---------
まず、環境変数の削除からはじめることにしました

/etc/profileをエディタで開いて、最下行に環境変数の設定を削除するため

# vi /etc/profile
で最後に追記した以下の3行を削除
export JAVA_HOME=/usr/java/jdk1.6.0_13
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar

/etc/profileに追加した設定を反映するため
# source /etc/profile

次に、関連リンク解除 を行おうと思います
過去にを参考にしたとき
元のやつの名前を変更し、新しいJAVA実行ファイルにリンクを付けるため
# mv /usr/bin/java /usr/bin/java.1.6.0.0.bak
# ln -s /usr/java/jdk1.6.0_13/bin/java /usr/bin
としています

これは
# mv /usr/bin/java /usr/bin/java.1.6.0.0.bak
についてはファイル名を変更したので
# mv /usr/bin/java.1.6.0.0.bak /usr/bin/java
でファイル名を戻し

# ln -s /usr/java/jdk1.6.0_13/bin/java /usr/bin
は シンボリックリンクをはっているのだと思いますが
によると
シンボリックリンク解消には rm コマンドでシンボリックリンクを貼ったファイルを消すと書いてあります
ということは
# rm /usr/bin/java/jdk1.6.0_13/binjava としてしまってよいのでしょうか?

ここで、わからなくなったのですみませんがアドバイスお願いします


トップへ
 
期間内表示:  ソート  
新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 43 件の記事 ]  ページ移動 1, 2, 3, 4, 5  次へ

All times are UTC + 9 hours


オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[0人]


トピック投稿: 不可
返信投稿: 不可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
ファイル添付: 不可

検索:
ページ移動:  
cron

無料でマイフォーラムを作成する! · php-BB© · Internationalization Project · 不正利用を報告する · 使用条件/プライバシーポリシー
© Forums-Free.com 2009