Fedora Users Forum

Fedoraユーザのためのサポートフォーラム
現在時刻 - 2017年4月25日(火) 00:16

All times are UTC + 9 hours





新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 12 件の記事 ]  ページ移動 1, 2  次へ
作成者 メッセージ
 記事の件名: fedora11 で USB無線LAN子機(WLI-UC-GN) を使用
投稿記事Posted: 2010年2月02日(火) 21:00 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  プロフィール

登録日時: 2008年11月03日(月) 21:48
記事: 271
こんばんわ、りなっくす初心者です

今回、内臓の無線LAN機能では、11b/g までしか対応していなかったので
11n 対応の無線LAN子機を購入し、実験してみました

しかし、なぜかうまくいきません

行った手順ですが

今回実験に使ったのは
BUFFALO の WLI-UC-GN です

lspciでチップの形式を調べてみました

ノートPCのように、
PCIと呼ばれる内部パスで接続されたアダプタであれば
lscpi コマンドででるようです
 コード: 全選択 大枠 小枠
[snow@localhost Desktop]$ lspci
00:00.0 Host bridge: Silicon Integrated Systems [SiS] 671MX
00:01.0 PCI bridge: Silicon Integrated Systems [SiS] PCI-to-PCI bridge
00:02.0 ISA bridge: Silicon Integrated Systems [SiS] SiS968 [MuTIOL Media IO] (rev 01)
00:03.0 USB Controller: Silicon Integrated Systems [SiS] USB 1.1 Controller (rev 0f)
00:03.1 USB Controller: Silicon Integrated Systems [SiS] USB 1.1 Controller (rev 0f)
00:03.3 USB Controller: Silicon Integrated Systems [SiS] USB 2.0 Controller
00:04.0 Ethernet controller: Silicon Integrated Systems [SiS] 191 Gigabit Ethernet Adapter (rev 02)
00:05.0 IDE interface: Silicon Integrated Systems [SiS] SATA Controller / IDE mode (rev 03)
00:06.0 PCI bridge: Silicon Integrated Systems [SiS] PCI-to-PCI bridge
00:07.0 PCI bridge: Silicon Integrated Systems [SiS] PCI-to-PCI bridge
00:0f.0 Audio device: Silicon Integrated Systems [SiS] Azalia Audio Controller
01:00.0 VGA compatible controller: nVidia Corporation Device 06ec (rev a1)
03:00.0 System peripheral: JMicron Technologies, Inc. SD/MMC Host Controller
03:00.2 SD Host controller: JMicron Technologies, Inc. Standard SD Host Controller
03:00.3 System peripheral: JMicron Technologies, Inc. MS Host Controller

USBタイプの場合、
lsusb で調べることができるようです
 コード: 全選択 大枠 小枠
[snow@localhost Desktop]$ lsusb
Bus 003 Device 002: ID 046d:c016 Logitech, Inc. M-UV69a/HP M-UV96 Optical Wheel Mouse
Bus 003 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub
Bus 001 Device 004: ID 0411:015d MelCo., Inc.
Bus 001 Device 002: ID 0bda:8189 Realtek Semiconductor Corp. RTL8187B Wireless 802.11g 54Mbps Network Adapter
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0001 Linux Foundation 1.1 root hub


今回使用したノートパソコンには、もともと無線LANが入っていたので
コード:
Bus 001 Device 002: ID 0bda:8189 Realtek Semiconductor Corp. RTL8187B Wireless 802.11g 54Mbps Network Adapter

が内蔵無線LAN

コード:
Bus 001 Device 004: ID 0411:015d MelCo., Inc.

がUSB 接続した無線LAN子機のようです

無線LANチップは、Windows を使用して調べることもできるようです
無線LANを使用可能にし、
デバイスマネージャーでアダプタのプロパティを表示
ドライバタブ に切り替え、プロバイダでベンダ名を確認できる
とのことです

ドロップダウンリストから
ハードウェアIDを選択することで
ベンダ名、プロダクトIDを見れます
PCI接続の無線LANアダプタなら
ベンダID、プロダクトIDからチップ名を検索することで
調べられるようです
(Windows で機会があれば調べてみようと思います)

現状、無線LANをインストールするには
1、ベンダが提供するソースファイルを使ってインストール
2、非公式パッケージを使いインストール
3、Windows ドライバを使用

といった方法になるようです

BUFFALO の WLI-UC-GN の無線LANチップは
Ralink社 の RT2870 になります

今回は3の手段を使うので
開発関連パッケージをインストールします


開発ツールとライブラリの一括インストール方法。yum groupinstallを利用する。
を参考に
yum groupinstall "Development Libraries"
yum groupinstall "Development Tools"
でインストール
 コード: 全選択 大枠 小枠
[root@localhost Desktop]# yum groupinstall "Development Libraries"
読み込んだプラグイン:fastestmirror, presto, protectbase, refresh-packagekit
Loading mirror speeds from cached hostfile
* fedora: ftp.riken.jp
* livna: rpm.livna.org
* rpmfusion-free: mirror.hiwaay.net
* rpmfusion-free-updates: mirror.hiwaay.net
* rpmfusion-nonfree: mirror.hiwaay.net
* rpmfusion-nonfree-updates: mirror.hiwaay.net
* updates: ftp.dti.ad.jp
2 packages excluded due to repository protections
グループ処理の設定をしています
Checking for new repos for mirrors
パッケージ zlib-devel-1.2.3-22.fc11.i586 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ glibc-devel-2.10.2-1.i586 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ gmp-devel-4.2.4-6.fc11.i586 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ 1:dbus-devel-1.2.12-2.fc11.i586 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ libxml2-devel-2.7.6-1.fc11.i586 はインストール済みか最新バージョンです
依存性の解決をしています
終了していない残作業があります。それらを終了するためにはじめに yum-complete-transaction の実行を検討するかもしれません。
--> トランザクションの確認を実行しています
---> パッケージ binutils-devel.i586 0:2.19.51.0.14-1.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ boost-devel.i586 0:1.37.0-7.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ bzip2-devel.i586 0:1.0.5-5.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ coolkey-devel.i586 0:1.1.0-8.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ cyrus-sasl-devel.i586 0:2.1.22-22.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ db4-devel.i586 0:4.7.25-11.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: libdb_cxx-4.7.so のパッケージ: db4-devel-4.7.25-11.fc11.i586
---> パッケージ dbus-cxx-devel.i586 0:0.5.1-1.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: dbus-cxx = 0.5.1-1.fc11 のパッケージ: dbus-cxx-devel-0.5.1-1.fc11.i586
--> 依存性の処理をしています: pkgconfig(sigc++-2.0) >= 2.0.0 のパッケージ: dbus-cxx-devel-0.5.1-1.fc11.i586
--> 依存性の処理をしています: libsigc++20-devel >= 2.0.0 のパッケージ: dbus-cxx-devel-0.5.1-1.fc11.i586
--> 依存性の処理をしています: libdbus-cxx.so.0 のパッケージ: dbus-cxx-devel-0.5.1-1.fc11.i586
---> パッケージ dbus-cxx-doc.noarch 0:0.5.1-1.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ dbus-cxx-tools.i586 0:0.5.1-1.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ expat-devel.i586 0:2.0.1-8.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ gdbm-devel.i586 0:1.8.0-31.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ geoclue-devel.i586 0:0.11.1.1-0.9.1.20091026git73b6729.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ gpm-devel.i586 0:1.20.6-3.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: gpm = 1.20.6-3.fc11 のパッケージ: gpm-devel-1.20.6-3.fc11.i586
---> パッケージ gssdp-devel.i586 0:0.6.4-3.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ gupnp-devel.i586 0:0.12.8-1.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: e2fsprogs-devel のパッケージ: gupnp-devel-0.12.8-1.fc11.i586
--> 依存性の処理をしています: pkgconfig(libsoup-2.4) のパッケージ: gupnp-devel-0.12.8-1.fc11.i586
--> 依存性の処理をしています: libsoup-devel のパッケージ: gupnp-devel-0.12.8-1.fc11.i586
---> パッケージ gypsy-devel.i586 0:0.7-1.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: gypsy = 0.7-1.fc11 のパッケージ: gypsy-devel-0.7-1.fc11.i586
--> 依存性の処理をしています: libgypsy.so.0 のパッケージ: gypsy-devel-0.7-1.fc11.i586
---> パッケージ hesiod-devel.i586 0:3.1.0-15 を更新に設定しました
---> パッケージ krb5-devel.i586 0:1.6.3-23.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: keyutils-libs-devel のパッケージ: krb5-devel-1.6.3-23.fc11.i586
---> パッケージ libacl-devel.i586 0:2.2.49-2.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ libattr-devel.i586 0:2.4.43-3.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ libcap-devel.i586 0:2.16-4.fc11.1 を更新に設定しました
---> パッケージ libcurl-devel.i586 0:7.19.7-4.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: libidn-devel のパッケージ: libcurl-devel-7.19.7-4.fc11.i586
---> パッケージ libogg-devel.i586 2:1.1.3-11.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ libselinux-devel.i586 0:2.0.80-1.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: libsepol-devel >= 2.0.32-1 のパッケージ: libselinux-devel-2.0.80-1.fc11.i586
---> パッケージ libuser-devel.i586 0:0.56.9-3 を更新に設定しました
---> パッケージ libvorbis-devel.i586 1:1.2.0-9.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ lockdev-devel.i586 0:1.0.1-14.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ ncurses-devel.i586 0:5.7-2.20090207.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ newt-devel.i586 0:0.52.10-4.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ openldap-devel.i586 0:2.4.15-6.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ openssl-devel.i586 0:0.9.8k-5.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ pam-devel.i586 0:1.0.91-9.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ pciutils-devel.i586 0:3.1.6-1.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: pciutils = 3.1.6-1.fc11 のパッケージ: pciutils-devel-3.1.6-1.fc11.i586
---> パッケージ pcsc-lite-devel.i586 0:1.5.2-2.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ perl-devel.i586 4:5.10.0-82.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: perl(ExtUtils::ParseXS) のパッケージ: 4:perl-devel-5.10.0-82.fc11.i586
--> 依存性の処理をしています: perl(ExtUtils::Installed) のパッケージ: 4:perl-devel-5.10.0-82.fc11.i586
--> 依存性の処理をしています: perl(ExtUtils::MakeMaker) のパッケージ: 4:perl-devel-5.10.0-82.fc11.i586
---> パッケージ python-devel.i586 0:2.6-12.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ readline-devel.i586 0:5.2-14.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ rpm-devel.i586 0:4.7.2-1.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: xz-devel >= 4.999.8 のパッケージ: rpm-devel-4.7.2-1.fc11.i586
--> 依存性の処理をしています: nss-devel のパッケージ: rpm-devel-4.7.2-1.fc11.i586
--> 依存性の処理をしています: elfutils-libelf-devel のパッケージ: rpm-devel-4.7.2-1.fc11.i586
---> パッケージ slang-devel.i586 0:2.1.4-3.fc11 を更新に設定しました
--> トランザクションの確認を実行しています
---> パッケージ db4-cxx.i586 0:4.7.25-11.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ dbus-cxx.i586 0:0.5.1-1.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ e2fsprogs-devel.i586 0:1.41.4-12.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: device-mapper-devel >= 1.02.02-3 のパッケージ: e2fsprogs-devel-1.41.4-12.fc11.i586
---> パッケージ elfutils-libelf-devel.i586 0:0.144-1.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ gpm.i586 0:1.20.6-3.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ gypsy.i586 0:0.7-1.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ keyutils-libs-devel.i586 0:1.2-5.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ libidn-devel.i586 0:1.9-4 を更新に設定しました
---> パッケージ libsepol-devel.i586 0:2.0.36-1.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ libsigc++20-devel.i586 0:2.2.2-3.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ libsoup-devel.i586 0:2.26.3-1.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: gnutls-devel のパッケージ: libsoup-devel-2.26.3-1.fc11.i586
--> 依存性の処理をしています: pkgconfig(gnutls) のパッケージ: libsoup-devel-2.26.3-1.fc11.i586
---> パッケージ nss-devel.i586 0:3.12.4-3.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: nspr-devel >= 4.8 のパッケージ: nss-devel-3.12.4-3.fc11.i586
--> 依存性の処理をしています: pkgconfig(nspr) >= 4.8 のパッケージ: nss-devel-3.12.4-3.fc11.i586
---> パッケージ pciutils.i586 0:3.1.6-1.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ perl-ExtUtils-MakeMaker.i586 0:6.36-82.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: perl(Test::Harness) のパッケージ: perl-ExtUtils-MakeMaker-6.36-82.fc11.i586
---> パッケージ perl-ExtUtils-ParseXS.i586 1:2.18-82.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ xz-devel.i586 0:4.999.9-0.1.beta.20091007git.fc11 を更新に設定しました
--> トランザクションの確認を実行しています
---> パッケージ device-mapper-devel.i586 0:1.02.33-2.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ gnutls-devel.i586 0:2.6.6-3.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ nspr-devel.i586 0:4.8.2-1.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ perl-Test-Harness.i586 0:3.16-82.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性解決を終了しました

依存性を解決しました

================================================================================
Package Arch Version Repository
Size
================================================================================
インストールしています:
binutils-devel i586 2.19.51.0.14-1.fc11 updates 817 k
boost-devel i586 1.37.0-7.fc11 updates 5.5 M
bzip2-devel i586 1.0.5-5.fc11 fedora 256 k
coolkey-devel i586 1.1.0-8.fc11 fedora 18 k
cyrus-sasl-devel i586 2.1.22-22.fc11 fedora 356 k
db4-devel i586 4.7.25-11.fc11 fedora 7.0 M
dbus-cxx-devel i586 0.5.1-1.fc11 updates 56 k
dbus-cxx-doc noarch 0.5.1-1.fc11 updates 26 M
dbus-cxx-tools i586 0.5.1-1.fc11 updates 64 k
expat-devel i586 2.0.1-8.fc11 updates 143 k
gdbm-devel i586 1.8.0-31.fc11 fedora 38 k
geoclue-devel i586 0.11.1.1-0.9.1.20091026git73b6729.fc11
updates 16 k
gpm-devel i586 1.20.6-3.fc11 fedora 21 k
gssdp-devel i586 0.6.4-3.fc11 fedora 7.4 k
gupnp-devel i586 0.12.8-1.fc11 updates 14 k
gypsy-devel i586 0.7-1.fc11 updates 8.8 k
hesiod-devel i586 3.1.0-15 fedora 25 k
krb5-devel i586 1.6.3-23.fc11 updates 1.2 M
libacl-devel i586 2.2.49-2.fc11 updates 87 k
libattr-devel i586 2.4.43-3.fc11 fedora 37 k
libcap-devel i586 2.16-4.fc11.1 updates 24 k
libcurl-devel i586 7.19.7-4.fc11 updates 249 k
libogg-devel i586 2:1.1.3-11.fc11 fedora 69 k
libselinux-devel i586 2.0.80-1.fc11 fedora 129 k
libuser-devel i586 0.56.9-3 fedora 59 k
libvorbis-devel i586 1:1.2.0-9.fc11 updates 363 k
lockdev-devel i586 1.0.1-14.fc11 fedora 18 k
ncurses-devel i586 5.7-2.20090207.fc11 fedora 694 k
newt-devel i586 0.52.10-4.fc11 updates 41 k
openldap-devel i586 2.4.15-6.fc11 updates 1.6 M
openssl-devel i586 0.9.8k-5.fc11 updates 1.1 M
pam-devel i586 1.0.91-9.fc11 updates 237 k
pciutils-devel i586 3.1.6-1.fc11 updates 55 k
pcsc-lite-devel i586 1.5.2-2.fc11 updates 19 k
perl-devel i586 4:5.10.0-82.fc11 updates 1.9 M
python-devel i586 2.6-12.fc11 updates 1.0 M
readline-devel i586 5.2-14.fc11 fedora 135 k
rpm-devel i586 4.7.2-1.fc11 updates 88 k
slang-devel i586 2.1.4-3.fc11 fedora 95 k
依存性関連でのインストールをします:
db4-cxx i586 4.7.25-11.fc11 fedora 701 k
dbus-cxx i586 0.5.1-1.fc11 updates 168 k
device-mapper-devel i586 1.02.33-2.fc11 updates 51 k
e2fsprogs-devel i586 1.41.4-12.fc11 updates 672 k
elfutils-libelf-devel i586 0.144-1.fc11 updates 29 k
gnutls-devel i586 2.6.6-3.fc11 updates 1.4 M
gpm i586 1.20.6-3.fc11 fedora 204 k
gypsy i586 0.7-1.fc11 updates 46 k
keyutils-libs-devel i586 1.2-5.fc11 fedora 29 k
libidn-devel i586 1.9-4 fedora 140 k
libsepol-devel i586 2.0.36-1.fc11 fedora 64 k
libsigc++20-devel i586 2.2.2-3.fc11 fedora 4.4 M
libsoup-devel i586 2.26.3-1.fc11 updates 206 k
nspr-devel i586 4.8.2-1.fc11 updates 116 k
nss-devel i586 3.12.4-3.fc11 updates 239 k
perl-ExtUtils-MakeMaker i586 6.36-82.fc11 updates 294 k
perl-ExtUtils-ParseXS i586 1:2.18-82.fc11 updates 39 k
perl-Test-Harness i586 3.16-82.fc11 updates 233 k
xz-devel i586 4.999.9-0.1.beta.20091007git.fc11 updates 41 k
依存性関連での更新をします:
pciutils i586 3.1.6-1.fc11 updates 89 k

Transaction Summary
================================================================================
Install 58 Package(s)
Upgrade 1 Package(s)

総ダウンロード容量: 59 M
これでいいですか? [y/N]y
パッケージをダウンロードしています:
Setting up and reading Presto delta metadata
updates/prestodelta | 838 kB 00:02
Processing delta metadata
Download delta size: 58 k
pciutils-3.1.4-3.fc11_3.1.6-1.fc11.i586.drpm | 58 kB 00:00
Finishing rebuild of rpms, from deltarpms
<delta rebuild> | 89 kB 00:01
Presto reduced the update size by 36% (from 89 k to 58 k).
Package(s) data still to download: 59 M
(1/58): binutils-devel-2.19.51.0.14-1.fc11.i586.rpm | 817 kB 00:02
(2/58): boost-devel-1.37.0-7.fc11.i586.rpm | 5.5 MB 00:13
(3/58): bzip2-devel-1.0.5-5.fc11.i586.rpm | 256 kB 00:00
(4/58): coolkey-devel-1.1.0-8.fc11.i586.rpm | 18 kB 00:00
(5/58): cyrus-sasl-devel-2.1.22-22.fc11.i586.rpm | 356 kB 00:00
(6/58): db4-cxx-4.7.25-11.fc11.i586.rpm | 701 kB 00:01
(7/58): db4-devel-4.7.25-11.fc11.i586.rpm | 7.0 MB 00:17
(8/58): dbus-cxx-0.5.1-1.fc11.i586.rpm | 168 kB 00:00
(9/58): dbus-cxx-devel-0.5.1-1.fc11.i586.rpm | 56 kB 00:00
(10/58): dbus-cxx-doc-0.5.1-1.fc11.noarch.rpm | 26 MB 01:05
(11/58): dbus-cxx-tools-0.5.1-1.fc11.i586.rpm | 64 kB 00:00
(12/58): device-mapper-devel-1.02.33-2.fc11.i586.rpm | 51 kB 00:00
(13/58): e2fsprogs-devel-1.41.4-12.fc11.i586.rpm | 672 kB 00:01
(14/58): elfutils-libelf-devel-0.144-1.fc11.i586.rpm | 29 kB 00:00
(15/58): expat-devel-2.0.1-8.fc11.i586.rpm | 143 kB 00:00
(16/58): gdbm-devel-1.8.0-31.fc11.i586.rpm | 38 kB 00:00
(17/58): geoclue-devel-0.11.1.1-0.9.1.20091026git73b6729 | 16 kB 00:00
(18/58): gnutls-devel-2.6.6-3.fc11.i586.rpm | 1.4 MB 00:03
(19/58): gpm-1.20.6-3.fc11.i586.rpm | 204 kB 00:00
(20/58): gpm-devel-1.20.6-3.fc11.i586.rpm | 21 kB 00:00
(21/58): gssdp-devel-0.6.4-3.fc11.i586.rpm | 7.4 kB 00:00
(22/58): gupnp-devel-0.12.8-1.fc11.i586.rpm | 14 kB 00:00
(23/58): gypsy-0.7-1.fc11.i586.rpm | 46 kB 00:00
(24/58): gypsy-devel-0.7-1.fc11.i586.rpm | 8.8 kB 00:00
(25/58): hesiod-devel-3.1.0-15.i586.rpm | 25 kB 00:00
(26/58): keyutils-libs-devel-1.2-5.fc11.i586.rpm | 29 kB 00:00
(27/58): krb5-devel-1.6.3-23.fc11.i586.rpm | 1.2 MB 00:02
(28/58): libacl-devel-2.2.49-2.fc11.i586.rpm | 87 kB 00:00
(29/58): libattr-devel-2.4.43-3.fc11.i586.rpm | 37 kB 00:00
(30/58): libcap-devel-2.16-4.fc11.1.i586.rpm | 24 kB 00:00
(31/58): libcurl-devel-7.19.7-4.fc11.i586.rpm | 249 kB 00:00
(32/58): libidn-devel-1.9-4.i586.rpm | 140 kB 00:00
(33/58): libogg-devel-1.1.3-11.fc11.i586.rpm | 69 kB 00:00
(34/58): libselinux-devel-2.0.80-1.fc11.i586.rpm | 129 kB 00:00
(35/58): libsepol-devel-2.0.36-1.fc11.i586.rpm | 64 kB 00:00
(36/58): libsigc++20-devel-2.2.2-3.fc11.i586.rpm | 4.4 MB 00:10
(37/58): libsoup-devel-2.26.3-1.fc11.i586.rpm | 206 kB 00:01
(38/58): libuser-devel-0.56.9-3.i586.rpm | 59 kB 00:00
(39/58): libvorbis-devel-1.2.0-9.fc11.i586.rpm | 363 kB 00:01
(40/58): lockdev-devel-1.0.1-14.fc11.i586.rpm | 18 kB 00:00
(41/58): ncurses-devel-5.7-2.20090207.fc11.i586.rpm | 694 kB 00:01
(42/58): newt-devel-0.52.10-4.fc11.i586.rpm | 41 kB 00:00
(43/58): nspr-devel-4.8.2-1.fc11.i586.rpm | 116 kB 00:00
(44/58): nss-devel-3.12.4-3.fc11.i586.rpm | 239 kB 00:00
(45/58): openldap-devel-2.4.15-6.fc11.i586.rpm | 1.6 MB 00:04
(46/58): openssl-devel-0.9.8k-5.fc11.i586.rpm | 1.1 MB 00:02
(47/58): pam-devel-1.0.91-9.fc11.i586.rpm | 237 kB 00:00
(48/58): pciutils-devel-3.1.6-1.fc11.i586.rpm | 55 kB 00:00
(49/58): pcsc-lite-devel-1.5.2-2.fc11.i586.rpm | 19 kB 00:00
(50/58): perl-ExtUtils-MakeMaker-6.36-82.fc11.i586.rpm | 294 kB 00:01
(51/58): perl-ExtUtils-ParseXS-2.18-82.fc11.i586.rpm | 39 kB 00:00
(52/58): perl-Test-Harness-3.16-82.fc11.i586.rpm | 233 kB 00:00
(53/58): perl-devel-5.10.0-82.fc11.i586.rpm | 1.9 MB 00:04
(54/58): python-devel-2.6-12.fc11.i586.rpm | 1.0 MB 00:02
(55/58): readline-devel-5.2-14.fc11.i586.rpm | 135 kB 00:00
(56/58): rpm-devel-4.7.2-1.fc11.i586.rpm | 88 kB 00:00
(57/58): slang-devel-2.1.4-3.fc11.i586.rpm | 95 kB 00:00
(58/58): xz-devel-4.999.9-0.1.beta.20091007git.fc11.i586 | 41 kB 00:00
--------------------------------------------------------------------------------
合計 379 kB/s | 59 MB 02:38
rpm_check_debug を実行しています
トランザクションのテストを実行しています
トランザクションのテストを終了しました
トランザクションのテストを成功しました
トランザクションを実行しています
インストールし : libidn-devel-1.9-4.i586 1/60
インストールし : gnutls-devel-2.6.6-3.fc11.i586 2/60
インストールし : libsoup-devel-2.26.3-1.fc11.i586 3/60
インストールし : elfutils-libelf-devel-0.144-1.fc11.i586 4/60
インストールし : device-mapper-devel-1.02.33-2.fc11.i586 5/60
インストールし : e2fsprogs-devel-1.41.4-12.fc11.i586 6/60
インストールし : ncurses-devel-5.7-2.20090207.fc11.i586 7/60
インストールし : xz-devel-4.999.9-0.1.beta.20091007git.fc11.i586 8/60
インストールし : 2:libogg-devel-1.1.3-11.fc11.i586 9/60
インストールし : nspr-devel-4.8.2-1.fc11.i586 10/60
インストールし : nss-devel-3.12.4-3.fc11.i586 11/60
インストールし : libsepol-devel-2.0.36-1.fc11.i586 12/60
インストールし : libselinux-devel-2.0.80-1.fc11.i586 13/60
インストールし : libattr-devel-2.4.43-3.fc11.i586 14/60
インストールし : libsigc++20-devel-2.2.2-3.fc11.i586 15/60
インストールし : gssdp-devel-0.6.4-3.fc11.i586 16/60
インストールし : keyutils-libs-devel-1.2-5.fc11.i586 17/60
インストールし : slang-devel-2.1.4-3.fc11.i586 18/60
インストールし : expat-devel-2.0.1-8.fc11.i586 19/60
インストールし : newt-devel-0.52.10-4.fc11.i586 20/60
インストールし : gupnp-devel-0.12.8-1.fc11.i586 21/60
インストールし : libacl-devel-2.2.49-2.fc11.i586 22/60
インストールし : 1:libvorbis-devel-1.2.0-9.fc11.i586 23/60
インストールし : readline-devel-5.2-14.fc11.i586 24/60
インストールし : libcurl-devel-7.19.7-4.fc11.i586 25/60
インストールし : geoclue-devel-0.11.1.1-0.9.1.20091026git73b6729.fc11 26/60
インストールし : binutils-devel-2.19.51.0.14-1.fc11.i586 27/60
インストールし : libuser-devel-0.56.9-3.i586 28/60
インストールし : dbus-cxx-doc-0.5.1-1.fc11.noarch 29/60
インストールし : pcsc-lite-devel-1.5.2-2.fc11.i586 30/60
インストールし : bzip2-devel-1.0.5-5.fc11.i586 31/60
インストールし : gdbm-devel-1.8.0-31.fc11.i586 32/60
インストールし : lockdev-devel-1.0.1-14.fc11.i586 33/60
インストールし : hesiod-devel-3.1.0-15.i586 34/60
インストールし : libcap-devel-2.16-4.fc11.1.i586 35/60
インストールし : coolkey-devel-1.1.0-8.fc11.i586 36/60
インストールし : pam-devel-1.0.91-9.fc11.i586 37/60
インストールし : boost-devel-1.37.0-7.fc11.i586 38/60
インストールし : python-devel-2.6-12.fc11.i586 39/60
インストールし : dbus-cxx-0.5.1-1.fc11.i586 40/60
インストールし : krb5-devel-1.6.3-23.fc11.i586 41/60
インストールし : gypsy-0.7-1.fc11.i586 42/60
インストールし : cyrus-sasl-devel-2.1.22-22.fc11.i586 43/60
更新 : pciutils-3.1.6-1.fc11.i586 44/60
インストールし : db4-cxx-4.7.25-11.fc11.i586 45/60
インストールし : gpm-1.20.6-3.fc11.i586 46/60
インストールし : dbus-cxx-tools-0.5.1-1.fc11.i586 47/60
インストールし : rpm-devel-4.7.2-1.fc11.i586 48/60
インストールし : gpm-devel-1.20.6-3.fc11.i586 49/60
インストールし : db4-devel-4.7.25-11.fc11.i586 50/60
インストールし : pciutils-devel-3.1.6-1.fc11.i586 51/60
インストールし : openldap-devel-2.4.15-6.fc11.i586 52/60
インストールし : gypsy-devel-0.7-1.fc11.i586 53/60
インストールし : openssl-devel-0.9.8k-5.fc11.i586 54/60
インストールし : dbus-cxx-devel-0.5.1-1.fc11.i586 55/60
インストールし : perl-Test-Harness-3.16-82.fc11.i586 56/60
インストールし : 4:perl-devel-5.10.0-82.fc11.i586 57/60
インストールし : perl-ExtUtils-MakeMaker-6.36-82.fc11.i586 58/60
インストールし : 1:perl-ExtUtils-ParseXS-2.18-82.fc11.i586 59/60
整理中 : pciutils-3.1.4-3.fc11.i586 60/60

インストールしました:
binutils-devel.i586 0:2.19.51.0.14-1.fc11
boost-devel.i586 0:1.37.0-7.fc11
bzip2-devel.i586 0:1.0.5-5.fc11
coolkey-devel.i586 0:1.1.0-8.fc11
cyrus-sasl-devel.i586 0:2.1.22-22.fc11
db4-devel.i586 0:4.7.25-11.fc11
dbus-cxx-devel.i586 0:0.5.1-1.fc11
dbus-cxx-doc.noarch 0:0.5.1-1.fc11
dbus-cxx-tools.i586 0:0.5.1-1.fc11
expat-devel.i586 0:2.0.1-8.fc11
gdbm-devel.i586 0:1.8.0-31.fc11
geoclue-devel.i586 0:0.11.1.1-0.9.1.20091026git73b6729.fc11
gpm-devel.i586 0:1.20.6-3.fc11
gssdp-devel.i586 0:0.6.4-3.fc11
gupnp-devel.i586 0:0.12.8-1.fc11
gypsy-devel.i586 0:0.7-1.fc11
hesiod-devel.i586 0:3.1.0-15
krb5-devel.i586 0:1.6.3-23.fc11
libacl-devel.i586 0:2.2.49-2.fc11
libattr-devel.i586 0:2.4.43-3.fc11
libcap-devel.i586 0:2.16-4.fc11.1
libcurl-devel.i586 0:7.19.7-4.fc11
libogg-devel.i586 2:1.1.3-11.fc11
libselinux-devel.i586 0:2.0.80-1.fc11
libuser-devel.i586 0:0.56.9-3
libvorbis-devel.i586 1:1.2.0-9.fc11
lockdev-devel.i586 0:1.0.1-14.fc11
ncurses-devel.i586 0:5.7-2.20090207.fc11
newt-devel.i586 0:0.52.10-4.fc11
openldap-devel.i586 0:2.4.15-6.fc11
openssl-devel.i586 0:0.9.8k-5.fc11
pam-devel.i586 0:1.0.91-9.fc11
pciutils-devel.i586 0:3.1.6-1.fc11
pcsc-lite-devel.i586 0:1.5.2-2.fc11
perl-devel.i586 4:5.10.0-82.fc11
python-devel.i586 0:2.6-12.fc11
readline-devel.i586 0:5.2-14.fc11
rpm-devel.i586 0:4.7.2-1.fc11
slang-devel.i586 0:2.1.4-3.fc11

依存性関連をインストールしました:
db4-cxx.i586 0:4.7.25-11.fc11
dbus-cxx.i586 0:0.5.1-1.fc11
device-mapper-devel.i586 0:1.02.33-2.fc11
e2fsprogs-devel.i586 0:1.41.4-12.fc11
elfutils-libelf-devel.i586 0:0.144-1.fc11
gnutls-devel.i586 0:2.6.6-3.fc11
gpm.i586 0:1.20.6-3.fc11
gypsy.i586 0:0.7-1.fc11
keyutils-libs-devel.i586 0:1.2-5.fc11
libidn-devel.i586 0:1.9-4
libsepol-devel.i586 0:2.0.36-1.fc11
libsigc++20-devel.i586 0:2.2.2-3.fc11
libsoup-devel.i586 0:2.26.3-1.fc11
nspr-devel.i586 0:4.8.2-1.fc11
nss-devel.i586 0:3.12.4-3.fc11
perl-ExtUtils-MakeMaker.i586 0:6.36-82.fc11
perl-ExtUtils-ParseXS.i586 1:2.18-82.fc11
perl-Test-Harness.i586 0:3.16-82.fc11
xz-devel.i586 0:4.999.9-0.1.beta.20091007git.fc11

依存性を更新しました:
pciutils.i586 0:3.1.6-1.fc11

完了しました!

 コード: 全選択 大枠 小枠
[root@localhost Desktop]# yum groupinstall "Development Tools"
読み込んだプラグイン:fastestmirror, presto, protectbase, refresh-packagekit
Loading mirror speeds from cached hostfile
* fedora: ftp.dti.ad.jp
* livna: rpm.livna.org
* rpmfusion-free: mirror.hiwaay.net
* rpmfusion-free-updates: mirror.hiwaay.net
* rpmfusion-nonfree: mirror.hiwaay.net
* rpmfusion-nonfree-updates: mirror.hiwaay.net
* updates: ftp.dti.ad.jp
2 packages excluded due to repository protections
グループ処理の設定をしています
Checking for new repos for mirrors
パッケージ gcc-4.4.1-2.fc11.i586 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ rpm-build-4.7.2-1.fc11.i586 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ 1:make-3.81-15.fc11.i586 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ 1:pkgconfig-0.23-8.fc11.i586 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ gettext-0.17-12.fc11.i586 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ automake-1.11.1-1.fc11.1.noarch はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ gdb-6.8.50.20090302-39.fc11.i586 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ autoconf-2.63-5.fc11.noarch はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ binutils-2.19.51.0.14-1.fc11.i586 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ subversion-1.6.6-1.fc11.i586 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ git-1.6.2.5-1.fc11.i586 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ elfutils-0.144-1.fc11.i586 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ ctags-5.8-1.fc11.i586 はインストール済みか最新バージョンです
パッケージ indent-2.2.10-3.fc11.i586 はインストール済みか最新バージョンです
依存性の解決をしています
終了していない残作業があります。それらを終了するためにはじめに yum-complete-transaction の実行を検討するかもしれません。
--> トランザクションの確認を実行しています
---> パッケージ automake14.noarch 0:1.4p6-18.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ automake15.noarch 0:1.5-26 を更新に設定しました
---> パッケージ automake16.noarch 0:1.6.3-15 を更新に設定しました
---> パッケージ automake17.noarch 0:1.7.9-12 を更新に設定しました
---> パッケージ bison.i586 0:2.4.1-2.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ byacc.i586 0:1.9.20070509-5.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ ccache.i586 0:2.4-14.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ cscope.i586 0:15.6-4.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ cvs.i586 0:1.11.23-4.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ diffstat.i586 0:1.51-1.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ doxygen.i586 1:1.6.1-1.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ flex.i586 0:2.5.35-5.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ gcc-c++.i586 0:4.4.1-2.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: libstdc++-devel = 4.4.1-2.fc11 のパッケージ: gcc-c++-4.4.1-2.fc11.i586
---> パッケージ gcc-gfortran.i586 0:4.4.1-2.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ intltool.noarch 0:0.41.0-1.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: gettext-devel のパッケージ: intltool-0.41.0-1.fc11.noarch
--> 依存性の処理をしています: perl(XML::Parser) のパッケージ: intltool-0.41.0-1.fc11.noarch
---> パッケージ libtool.i586 0:2.2.6-11.fc11.3 を更新に設定しました
---> パッケージ ltrace.i586 0:0.5-13.45svn.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ oprofile.i586 0:0.9.5-4.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ oprofile-gui.i586 0:0.9.5-4.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ patchutils.i586 0:0.3.1-2.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ python-ldap.i586 0:2.3.6-1.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ rcs.i586 0:5.7-34.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ redhat-rpm-config.noarch 0:9.0.3-11.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ strace.i586 0:4.5.19-1.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ swig.i586 0:1.3.40-1.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ systemtap.i586 0:1.1-1.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: systemtap-runtime = 1.1-1.fc11 のパッケージ: systemtap-1.1-1.fc11.i586
---> パッケージ texinfo.i586 0:4.13a-4.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ valgrind.i586 1:3.4.1-3 を更新に設定しました
--> トランザクションの確認を実行しています
---> パッケージ gettext-devel.i586 0:0.17-12.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: gettext-libs = 0.17-12.fc11 のパッケージ: gettext-devel-0.17-12.fc11.i586
--> 依存性の処理をしています: libasprintf.so.0 のパッケージ: gettext-devel-0.17-12.fc11.i586
--> 依存性の処理をしています: libgettextpo.so.0 のパッケージ: gettext-devel-0.17-12.fc11.i586
---> パッケージ libstdc++-devel.i586 0:4.4.1-2.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ perl-XML-Parser.i586 0:2.36-4.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: perl(LWP) のパッケージ: perl-XML-Parser-2.36-4.fc11.i586
---> パッケージ systemtap-runtime.i586 0:1.1-1.fc11 を更新に設定しました
--> トランザクションの確認を実行しています
---> パッケージ gettext-libs.i586 0:0.17-12.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ perl-libwww-perl.noarch 0:5.825-2.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: perl-HTML-Parser >= 3.33 のパッケージ: perl-libwww-perl-5.825-2.fc11.noarch
--> 依存性の処理をしています: perl(Compress::Zlib) のパッケージ: perl-libwww-perl-5.825-2.fc11.noarch
--> 依存性の処理をしています: perl(HTML::Entities) のパッケージ: perl-libwww-perl-5.825-2.fc11.noarch
--> トランザクションの確認を実行しています
---> パッケージ perl-Compress-Zlib.i586 0:2.008-82.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: perl(IO::Uncompress::Gunzip) >= 2.008 のパッケージ: perl-Compress-Zlib-2.008-82.fc11.i586
--> 依存性の処理をしています: perl(IO::Compress::Base::Common) >= 2.008 のパッケージ: perl-Compress-Zlib-2.008-82.fc11.i586
--> 依存性の処理をしています: perl(IO::Compress::Gzip::Constants) >= 2.008 のパッケージ: perl-Compress-Zlib-2.008-82.fc11.i586
--> 依存性の処理をしています: perl(IO::Compress::Gzip) >= 2.008 のパッケージ: perl-Compress-Zlib-2.008-82.fc11.i586
--> 依存性の処理をしています: perl(Compress::Raw::Zlib) >= 2.008 のパッケージ: perl-Compress-Zlib-2.008-82.fc11.i586
---> パッケージ perl-HTML-Parser.i586 0:3.60-1.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: perl(HTML::Tagset) >= 3.03 のパッケージ: perl-HTML-Parser-3.60-1.fc11.i586
--> 依存性の処理をしています: perl(HTML::Tagset) のパッケージ: perl-HTML-Parser-3.60-1.fc11.i586
--> トランザクションの確認を実行しています
---> パッケージ perl-Compress-Raw-Zlib.i586 0:2.008-82.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ perl-HTML-Tagset.noarch 0:3.20-2.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ perl-IO-Compress-Base.i586 0:2.008-82.fc11 を更新に設定しました
---> パッケージ perl-IO-Compress-Zlib.i586 0:2.008-82.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性解決を終了しました

依存性を解決しました

================================================================================
Package Arch Version Repository Size
================================================================================
インストールしています:
automake14 noarch 1.4p6-18.fc11 fedora 241 k
automake15 noarch 1.5-26 fedora 283 k
automake16 noarch 1.6.3-15 fedora 300 k
automake17 noarch 1.7.9-12 fedora 363 k
bison i586 2.4.1-2.fc11 fedora 685 k
byacc i586 1.9.20070509-5.fc11 fedora 46 k
ccache i586 2.4-14.fc11 fedora 53 k
cscope i586 15.6-4.fc11 updates 143 k
cvs i586 1.11.23-4.fc11 fedora 738 k
diffstat i586 1.51-1.fc11 updates 30 k
doxygen i586 1:1.6.1-1.fc11 updates 3.1 M
flex i586 2.5.35-5.fc11 fedora 312 k
gcc-c++ i586 4.4.1-2.fc11 updates 4.6 M
gcc-gfortran i586 4.4.1-2.fc11 updates 4.5 M
intltool noarch 0.41.0-1.fc11 updates 62 k
libtool i586 2.2.6-11.fc11.3 updates 625 k
ltrace i586 0.5-13.45svn.fc11 fedora 62 k
oprofile i586 0.9.5-4.fc11 updates 3.0 M
oprofile-gui i586 0.9.5-4.fc11 updates 90 k
patchutils i586 0.3.1-2.fc11 fedora 114 k
python-ldap i586 2.3.6-1.fc11 fedora 152 k
rcs i586 5.7-34.fc11 fedora 344 k
redhat-rpm-config noarch 9.0.3-11.fc11 updates 58 k
strace i586 4.5.19-1.fc11 updates 183 k
swig i586 1.3.40-1.fc11 updates 992 k
systemtap i586 1.1-1.fc11 updates 2.3 M
texinfo i586 4.13a-4.fc11 updates 878 k
valgrind i586 1:3.4.1-3 fedora 14 M
依存性関連でのインストールをします:
gettext-devel i586 0.17-12.fc11 updates 166 k
gettext-libs i586 0.17-12.fc11 updates 120 k
libstdc++-devel i586 4.4.1-2.fc11 updates 1.8 M
perl-Compress-Raw-Zlib i586 2.008-82.fc11 updates 78 k
perl-Compress-Zlib i586 2.008-82.fc11 updates 39 k
perl-HTML-Parser i586 3.60-1.fc11 updates 119 k
perl-HTML-Tagset noarch 3.20-2.fc11 fedora 17 k
perl-IO-Compress-Base i586 2.008-82.fc11 updates 63 k
perl-IO-Compress-Zlib i586 2.008-82.fc11 updates 145 k
perl-XML-Parser i586 2.36-4.fc11 fedora 295 k
perl-libwww-perl noarch 5.825-2.fc11 fedora 397 k
systemtap-runtime i586 1.1-1.fc11 updates 84 k

Transaction Summary
================================================================================
Install 40 Package(s)
Upgrade 0 Package(s)

総ダウンロード容量: 42 M
これでいいですか? [y/N]
パッケージをダウンロードしています:
Setting up and reading Presto delta metadata
Processing delta metadata
Package(s) data still to download: 42 M
(1/40): automake14-1.4p6-18.fc11.noarch.rpm | 241 kB 00:00
(2/40): automake15-1.5-26.noarch.rpm | 283 kB 00:00
(3/40): automake16-1.6.3-15.noarch.rpm | 300 kB 00:00
(4/40): automake17-1.7.9-12.noarch.rpm | 363 kB 00:00
(5/40): bison-2.4.1-2.fc11.i586.rpm | 685 kB 00:02
(6/40): byacc-1.9.20070509-5.fc11.i586.rpm | 46 kB 00:00
(7/40): ccache-2.4-14.fc11.i586.rpm | 53 kB 00:00
(8/40): cscope-15.6-4.fc11.i586.rpm | 143 kB 00:00
(9/40): cvs-1.11.23-4.fc11.i586.rpm | 738 kB 00:01
(10/40): diffstat-1.51-1.fc11.i586.rpm | 30 kB 00:00
(11/40): doxygen-1.6.1-1.fc11.i586.rpm | 3.1 MB 00:08
(12/40): flex-2.5.35-5.fc11.i586.rpm | 312 kB 00:00
(13/40): gcc-c++-4.4.1-2.fc11.i586.rpm | 4.6 MB 00:11
(14/40): gcc-gfortran-4.4.1-2.fc11.i586.rpm | 4.5 MB 00:11
(15/40): gettext-devel-0.17-12.fc11.i586.rpm | 166 kB 00:00
(16/40): gettext-libs-0.17-12.fc11.i586.rpm | 120 kB 00:00
(17/40): intltool-0.41.0-1.fc11.noarch.rpm | 62 kB 00:00
(18/40): libstdc++-devel-4.4.1-2.fc11.i586.rpm | 1.8 MB 00:04
(19/40): libtool-2.2.6-11.fc11.3.i586.rpm | 625 kB 00:01
(20/40): ltrace-0.5-13.45svn.fc11.i586.rpm | 62 kB 00:00
(21/40): oprofile-0.9.5-4.fc11.i586.rpm | 3.0 MB 00:07
(22/40): oprofile-gui-0.9.5-4.fc11.i586.rpm | 90 kB 00:00
(23/40): patchutils-0.3.1-2.fc11.i586.rpm | 114 kB 00:00
(24/40): perl-Compress-Raw-Zlib-2.008-82.fc11.i586.rpm | 78 kB 00:00
(25/40): perl-Compress-Zlib-2.008-82.fc11.i586.rpm | 39 kB 00:00
(26/40): perl-HTML-Parser-3.60-1.fc11.i586.rpm | 119 kB 00:00
(27/40): perl-HTML-Tagset-3.20-2.fc11.noarch.rpm | 17 kB 00:00
(28/40): perl-IO-Compress-Base-2.008-82.fc11.i586.rpm | 63 kB 00:00
(29/40): perl-IO-Compress-Zlib-2.008-82.fc11.i586.rpm | 145 kB 00:00
(30/40): perl-XML-Parser-2.36-4.fc11.i586.rpm | 295 kB 00:00
(31/40): perl-libwww-perl-5.825-2.fc11.noarch.rpm | 397 kB 00:01
(32/40): python-ldap-2.3.6-1.fc11.i586.rpm | 152 kB 00:00
(33/40): rcs-5.7-34.fc11.i586.rpm | 344 kB 00:00
(34/40): redhat-rpm-config-9.0.3-11.fc11.noarch.rpm | 58 kB 00:00
(35/40): strace-4.5.19-1.fc11.i586.rpm | 183 kB 00:00
(36/40): swig-1.3.40-1.fc11.i586.rpm | 992 kB 00:02
(37/40): systemtap-1.1-1.fc11.i586.rpm | 2.3 MB 00:06
(38/40): systemtap-runtime-1.1-1.fc11.i586.rpm | 84 kB 00:00
: [Errno 14] HTTP Error 503: Service Temporarily Unavailable
他のミラーを試します。
(39/40): texinfo-4.13a-4.fc11.i586.rpm | 878 kB 00:02
(40/40): valgrind-3.4.1-3.i586.rpm | 14 MB 00:38
--------------------------------------------------------------------------------
合計 361 kB/s | 42 MB 01:58
rpm_check_debug を実行しています
トランザクションのテストを実行しています
トランザクションのテストを終了しました
トランザクションのテストを成功しました
トランザクションを実行しています
インストールし : perl-Compress-Raw-Zlib-2.008-82.fc11.i586 1/40
インストールし : gettext-libs-0.17-12.fc11.i586 2/40
インストールし : gettext-devel-0.17-12.fc11.i586 3/40
インストールし : systemtap-runtime-1.1-1.fc11.i586 4/40
インストールし : oprofile-0.9.5-4.fc11.i586 5/40
インストールし : oprofile-gui-0.9.5-4.fc11.i586 6/40
インストールし : systemtap-1.1-1.fc11.i586 7/40
インストールし : strace-4.5.19-1.fc11.i586 8/40
インストールし : 1:valgrind-3.4.1-3.i586 9/40
インストールし : texinfo-4.13a-4.fc11.i586 10/40
インストールし : cscope-15.6-4.fc11.i586 11/40
インストールし : byacc-1.9.20070509-5.fc11.i586 12/40
インストールし : patchutils-0.3.1-2.fc11.i586 13/40
インストールし : flex-2.5.35-5.fc11.i586 14/40
インストールし : rcs-5.7-34.fc11.i586 15/40
インストールし : gcc-gfortran-4.4.1-2.fc11.i586 16/40
インストールし : diffstat-1.51-1.fc11.i586 17/40
インストールし : cvs-1.11.23-4.fc11.i586 18/40
インストールし : ltrace-0.5-13.45svn.fc11.i586 19/40
インストールし : 1:doxygen-1.6.1-1.fc11.i586 20/40
インストールし : ccache-2.4-14.fc11.i586 21/40
インストールし : swig-1.3.40-1.fc11.i586 22/40
インストールし : bison-2.4.1-2.fc11.i586 23/40
インストールし : python-ldap-2.3.6-1.fc11.i586 24/40
インストールし : perl-IO-Compress-Base-2.008-82.fc11.i586 25/40
インストールし : perl-IO-Compress-Zlib-2.008-82.fc11.i586 26/40
インストールし : perl-Compress-Zlib-2.008-82.fc11.i586 27/40
インストールし : libstdc++-devel-4.4.1-2.fc11.i586 28/40
インストールし : perl-HTML-Tagset-3.20-2.fc11.noarch 29/40
インストールし : perl-HTML-Parser-3.60-1.fc11.i586 30/40
インストールし : perl-libwww-perl-5.825-2.fc11.noarch 31/40
インストールし : libtool-2.2.6-11.fc11.3.i586 32/40
インストールし : automake15-1.5-26.noarch 33/40
インストールし : redhat-rpm-config-9.0.3-11.fc11.noarch 34/40
インストールし : automake14-1.4p6-18.fc11.noarch 35/40
インストールし : automake16-1.6.3-15.noarch 36/40
インストールし : automake17-1.7.9-12.noarch 37/40
インストールし : perl-XML-Parser-2.36-4.fc11.i586 38/40
インストールし : gcc-c++-4.4.1-2.fc11.i586 39/40
インストールし : intltool-0.41.0-1.fc11.noarch 40/40

インストールしました:
automake14.noarch 0:1.4p6-18.fc11 automake15.noarch 0:1.5-26
automake16.noarch 0:1.6.3-15 automake17.noarch 0:1.7.9-12
bison.i586 0:2.4.1-2.fc11 byacc.i586 0:1.9.20070509-5.fc11
ccache.i586 0:2.4-14.fc11 cscope.i586 0:15.6-4.fc11
cvs.i586 0:1.11.23-4.fc11 diffstat.i586 0:1.51-1.fc11
doxygen.i586 1:1.6.1-1.fc11 flex.i586 0:2.5.35-5.fc11
gcc-c++.i586 0:4.4.1-2.fc11 gcc-gfortran.i586 0:4.4.1-2.fc11
intltool.noarch 0:0.41.0-1.fc11 libtool.i586 0:2.2.6-11.fc11.3
ltrace.i586 0:0.5-13.45svn.fc11 oprofile.i586 0:0.9.5-4.fc11
oprofile-gui.i586 0:0.9.5-4.fc11 patchutils.i586 0:0.3.1-2.fc11
python-ldap.i586 0:2.3.6-1.fc11 rcs.i586 0:5.7-34.fc11
redhat-rpm-config.noarch 0:9.0.3-11.fc11 strace.i586 0:4.5.19-1.fc11
swig.i586 0:1.3.40-1.fc11 systemtap.i586 0:1.1-1.fc11
texinfo.i586 0:4.13a-4.fc11 valgrind.i586 1:3.4.1-3

依存性関連をインストールしました:
gettext-devel.i586 0:0.17-12.fc11
gettext-libs.i586 0:0.17-12.fc11
libstdc++-devel.i586 0:4.4.1-2.fc11
perl-Compress-Raw-Zlib.i586 0:2.008-82.fc11
perl-Compress-Zlib.i586 0:2.008-82.fc11
perl-HTML-Parser.i586 0:3.60-1.fc11
perl-HTML-Tagset.noarch 0:3.20-2.fc11
perl-IO-Compress-Base.i586 0:2.008-82.fc11
perl-IO-Compress-Zlib.i586 0:2.008-82.fc11
perl-XML-Parser.i586 0:2.36-4.fc11
perl-libwww-perl.noarch 0:5.825-2.fc11
systemtap-runtime.i586 0:1.1-1.fc11

完了しました!


これで開発環境は準備完了です

次に、カーネルモジュールが
RPM Fusion で配布されているので
まずは
RPM Fusion のリポジトリ情報を取り込みます
rpm -Uvh \
\

で取り込みできます
 コード: 全選択 大枠 小枠
[root@localhost Desktop]# rpm -Uvh \
> \
>
を取得中
を取得中
警告: /var/tmp/rpm-tmp.7atmdH: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 49c8885a
警告: /var/tmp/rpm-tmp.tTeRZ0: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID b1981b68
準備中... ########################################### [100%]
パッケージ rpmfusion-free-release-11-1.noarch (rpmfusion-free-release-10-5.noarch より新しいもの) は既にインストールされています。
パッケージ rpmfusion-nonfree-release-11-1.noarch (rpmfusion-nonfree-release-10-5.noarch より新しいもの) は既にインストールされています。


あとは、無線LANアダプタ(RT2860)のカーネルモジュールを
インストールします
 コード: 全選択 大枠 小枠
[root@localhost Desktop]# yum install rt2860
読み込んだプラグイン:fastestmirror, presto, protectbase, refresh-packagekit
Loading mirror speeds from cached hostfile
* fedora: ftp.dti.ad.jp
* livna: rpm.livna.org
* rpmfusion-free: mirror.hiwaay.net
* rpmfusion-free-updates: mirror.hiwaay.net
* rpmfusion-nonfree: mirror.hiwaay.net
* rpmfusion-nonfree-updates: mirror.hiwaay.net
* updates: ftp.dti.ad.jp
2 packages excluded due to repository protections
インストール処理の設定をしています
依存性の解決をしています
終了していない残作業があります。それらを終了するためにはじめに yum-complete-transaction の実行を検討するかもしれません。
--> トランザクションの確認を実行しています
---> パッケージ rt2860.noarch 0:2.1.2.0-2.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: rt2860-kmod >= 2.1.2.0 のパッケージ: rt2860-2.1.2.0-2.fc11.noarch
--> トランザクションの確認を実行しています
---> パッケージ akmod-rt2860.i686 0:2.1.2.0-2.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性解決を終了しました

依存性を解決しました

================================================================================
Package Arch Version Repository Size
================================================================================
インストールしています:
rt2860 noarch 2.1.2.0-2.fc11 rpmfusion-free-updates 18 k
依存性関連でのインストールをします:
akmod-rt2860 i686 2.1.2.0-2.fc11 rpmfusion-free-updates 648 k

Transaction Summary
================================================================================
Install 2 Package(s)
Upgrade 0 Package(s)

総ダウンロード容量: 665 k
これでいいですか? [y/N]
パッケージをダウンロードしています:
Setting up and reading Presto delta metadata
rpmfusion-free-updates/prestodelta | 52 kB 00:00
Processing delta metadata
Package(s) data still to download: 665 k
(1/2): akmod-rt2860-2.1.2.0-2.fc11.i686.rpm | 648 kB 00:02
(2/2): rt2860-2.1.2.0-2.fc11.noarch.rpm | 18 kB 00:00
--------------------------------------------------------------------------------
合計 190 kB/s | 665 kB 00:03
rpm_check_debug を実行しています
トランザクションのテストを実行しています
トランザクションのテストを終了しました
トランザクションのテストを成功しました
トランザクションを実行しています
インストールし : akmod-rt2860-2.1.2.0-2.fc11.i686 1/2
インストールし : rt2860-2.1.2.0-2.fc11.noarch 2/2

インストールしました:
rt2860.noarch 0:2.1.2.0-2.fc11

依存性関連をインストールしました:
akmod-rt2860.i686 0:2.1.2.0-2.fc11

完了しました!
[root@localhost Desktop]#


そして、再起動して接続を試みたのですが失敗しました
次に、バージョンが違うのかと思ったので
rt3070 もインストールしてみました
 コード: 全選択 大枠 小枠
[root@localhost Desktop]# yum install rt3070
読み込んだプラグイン:fastestmirror, presto, protectbase, refresh-packagekit
Loading mirror speeds from cached hostfile
* fedora: ftp.riken.jp
* livna: rpm.livna.org
* rpmfusion-free: mirror.hiwaay.net
* rpmfusion-free-updates: mirror.hiwaay.net
* rpmfusion-nonfree: mirror.hiwaay.net
* rpmfusion-nonfree-updates: mirror.hiwaay.net
* updates: ftp.riken.jp
2 packages excluded due to repository protections
インストール処理の設定をしています
依存性の解決をしています
終了していない残作業があります。それらを終了するためにはじめに yum-complete-transaction の実行を検討するかもしれません。
--> トランザクションの確認を実行しています
---> パッケージ rt3070.noarch 0:2.1.1.0-2.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性の処理をしています: rt3070-kmod >= 2.1.1.0 のパッケージ: rt3070-2.1.1.0-2.fc11.noarch
--> トランザクションの確認を実行しています
---> パッケージ akmod-rt3070.i686 0:2.1.1.0-2.fc11 を更新に設定しました
--> 依存性解決を終了しました

依存性を解決しました

================================================================================
Package Arch Version Repository Size
================================================================================
インストールしています:
rt3070 noarch 2.1.1.0-2.fc11 rpmfusion-free-updates 17 k
依存性関連でのインストールをします:
akmod-rt3070 i686 2.1.1.0-2.fc11 rpmfusion-free-updates 561 k

Transaction Summary
================================================================================
Install 2 Package(s)
Upgrade 0 Package(s)

総ダウンロード容量: 578 k
これでいいですか? [y/N]y
パッケージをダウンロードしています:
Setting up and reading Presto delta metadata
Processing delta metadata
Package(s) data still to download: 578 k
(1/2): akmod-rt3070-2.1.1.0-2.fc11.i686.rpm | 561 kB 00:02
(2/2): rt3070-2.1.1.0-2.fc11.noarch.rpm | 17 kB 00:00
--------------------------------------------------------------------------------
合計 171 kB/s | 578 kB 00:03
rpm_check_debug を実行しています
トランザクションのテストを実行しています
トランザクションのテストを終了しました
トランザクションのテストを成功しました
トランザクションを実行しています
インストールし : akmod-rt3070-2.1.1.0-2.fc11.i686 1/2
インストールし : rt3070-2.1.1.0-2.fc11.noarch 2/2

インストールしました:
rt3070.noarch 0:2.1.1.0-2.fc11

依存性関連をインストールしました:
akmod-rt3070.i686 0:2.1.1.0-2.fc11

完了しました!
[root@localhost Desktop]#


この後、コマンドラインからの設定で行ったのですが
 コード: 全選択 大枠 小枠
[root@localhost Desktop]# iwconfig
lo no wireless extensions.

eth0 no wireless extensions.

wmaster0 no wireless extensions.

wlan0 IEEE 802.11bg ESSID:""
Mode:Managed Frequency:2.412 GHz Access Point: Not-Associated
Tx-Power=20 dBm
Retry min limit:7 RTS thr:off Fragment thr:off
Encryption key:off
Power Management:off
Link Quality:0 Signal level:0 Noise level:0
Rx invalid nwid:0 Rx invalid crypt:0 Rx invalid frag:0
Tx excessive retries:0 Invalid misc:0 Missed beacon:0

vmnet1 no wireless extensions.

vmnet8 no wireless extensions.

vboxnet0 no wireless extensions.

pan0 no wireless extensions.

[root@localhost Desktop]# iwconfig wlan1
wlan1 No such device

[root@localhost Desktop]#

となってしまいます

現在、
iwconfig との競合を防止するために
NetworkManager は停止してあるのですが

無線LANに接続できません

なにか良い方法はないのでしょうか?


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora11 で USB無線LAN子機(WLI-UC-GN) を使用
投稿記事Posted: 2010年2月02日(火) 22:39 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  プロフィール

登録日時: 2008年11月03日(月) 21:48
記事: 271
fedora11 無線LAN WLI-UC-GN
で検索し

を参考に、こんどはソースからのインストールを試してみました


まずは

にいき
RT3070USB(RT307x)
をダウンロード

次に。
tar xvfj 2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0.tar.bz2
で解凍
cd 2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0
でディレクトリ移動


vi os/linux/config.mk
で設定ファイルを書き換えました
HAS_WPA_SUPPLICANT=n

HAS_WPA_SUPPLICANT=y
へ変更

HAS_NATIVE_WPA_SUPPLICANT_SUPPORT=n

HAS_NATIVE_WPA_SUPPLICANT_SUPPORT=y
へ変更

さらに、vi os/linux/usb_main_dev.c
の中身を編集します

#endif // RT3070 //
の前に
{USB_DEVICE(0x0411,0x015d)}, /* Buffalo WLI-UC-GN */
を追記します

これで、make を実行したのですが
エラーとなり、make できません


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora11 で USB無線LAN子機(WLI-UC-GN) を使用
投稿記事Posted: 2010年2月06日(土) 17:27 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  WWW  YIM  プロフィール

登録日時: 2010年1月09日(土) 15:58
記事: 104
りなっくす初心者 さんが書きました:

さらに、vi os/linux/usb_main_dev.c
の中身を編集します

#endif // RT3070 //
の前に
{USB_DEVICE(0x0411,0x015d)}, /* Buffalo WLI-UC-GN */
を追記します

これで、make を実行したのですが
エラーとなり、make できません


エラーの内容は?
makeした後のメッセージをまるごとコピーアンドペースとしてください。
そうすれば、
回答してくれる人が正解を見つけやすくなりますよ。


############################################################


i586パッケージなので32bitOSと予想。そして、kernel-PAEがインストールされているのかな。
コード:
uname -r

の結果にPAEが表示されれば、今回の件が該当します。

makeするためのコンパイル環境はインストールされている。
と想定すると、
kernel-PAE-develがインストールされていないのでは?
コード:
yum install kernel-PAE-devel

でカーネルのヘッダーファイル集であるkernel-PAE-develをインストールしてください。
(kernel-develは開発ツールをインストールした際にインストールされるが、
kernel-PAE-develはインストールされないんですよ^^。)


ですが、その前に。
りなっくす初心者 さんが書きました:
現状、無線LANをインストールするには
1、ベンダが提供するソースファイルを使ってインストール
2、非公式パッケージを使いインストール
3、Windows ドライバを使用

といった方法になるようです

BUFFALO の WLI-UC-GN の無線LANチップは
Ralink社 の RT2870 になります

今回は3の手段を使うので
開発関連パッケージをインストールします


と3の手段を使うとあるのですが、
今やってるのは1、ベンダが提供するソースファイルを使ってインストールの手段ですな。

このまま、1、ベンダが提供するソースファイルを使ってインストールをおすすめします。

もし、うまくいかなくて、
3、Windowsドライバを使用ならば、
ndiswrapperというソフトを使って下さい。
ただ、ソースファイルを使ってインストールする場合と同様に
開発関連パッケージ、kernel-PAE-develは必要ですが^^

使い方はこちら。

ネットワークカードが認識されたら、(modprobe ndiswrapperできたら)
無線LANのSSID、WEPなどの接続は、NetworkManagerのアイコンをクリックして
設定してください。


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora11 で USB無線LAN子機(WLI-UC-GN) を使用
投稿記事Posted: 2010年2月07日(日) 16:47 
オフライン
アバター
プライベートメッセージ送信  メール  プロフィール

登録日時: 2009年3月20日(金) 22:04
記事: 239
こんにちは、恐らく りなっくす初心者さんはお忙しいと思われるので結果だけ書きます。

64bit Fedora FC12での検証

りなっくす初心者 さんが書きました:
これで、make を実行したのですが
エラーとなり、make できません


makeはりなっくす初心者さんが変えた定義でうまく出来るようです。なお make installは実施していません ;)


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora11 で USB無線LAN子機(WLI-UC-GN) を使用
投稿記事Posted: 2010年2月08日(月) 19:00 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  プロフィール

登録日時: 2008年11月03日(月) 21:48
記事: 271
mako999さん、kenkenさん、お返事ありがとうございます :)

最近、友人の結婚式関連や祖母の入院などでなかなか忙しい状態で返信できずすみませんでした

kenkenさんの予想通り、32bit です
 コード: 全選択 大枠 小枠
[snow@localhost ~]$ uname -r
2.6.30.10-105.2.16.fc11.i686.PAE


kernel-PAE-devel についてはインストール済です
以前、VirtualBox 関連のときにインストールしたようです
 コード: 全選択 大枠 小枠
root@localhost Desktop]# yum install kernel-PAE-devel
読み込んだプラグイン:fastestmirror, presto, protectbase, refresh-packagekit
Loading mirror speeds from cached hostfile
* fedora: ftp.riken.jp
* livna: rpm.livna.org
* rpmfusion-free: mirror.hiwaay.net
* rpmfusion-free-updates: mirror.hiwaay.net
* rpmfusion-nonfree: mirror.hiwaay.net
* rpmfusion-nonfree-updates: mirror.hiwaay.net
* updates: ftp.riken.jp
2 packages excluded due to repository protections
インストール処理の設定をしています
パッケージ kernel-PAE-devel-2.6.30.10-105.2.16.fc11.i686 はインストール済みか最新バージョンです
何もしません


そして、以下がmake 実行時のログになります
 コード: 全選択 大枠 小枠
[snow@localhost Download]$ cd
[snow@localhost ~]$ cd /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0
[snow@localhost 2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0]$ su
パスワード:
[root@localhost 2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0]# make
make -C tools
make[1]: ディレクトリ `/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/tools' に入ります
gcc -g bin2h.c -o bin2h
make[1]: ディレクトリ `/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/tools' から出ます
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/tools/bin2h
cp -f os/linux/Makefile.6 /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/Makefile
make -C /lib/modules/2.6.30.10-105.2.16.fc11.i686.PAE/build SUBDIRS=/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux modules
make[1]: ディレクトリ `/usr/src/kernels/2.6.30.10-105.2.16.fc11.i686.PAE' に入ります
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/crypt_md5.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/crypt_sha2.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/crypt_hmac.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/mlme.o
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/mlme.c: In function ‘BssTableSortByRssi’:
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/mlme.c:4406: 警告: the frame size of 1568 bytes is larger than 1024 bytes
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/cmm_wep.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/action.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/cmm_data.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/rtmp_init.o
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/rtmp_init.c: In function ‘RtmpRaDevCtrlInit’:
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/rtmp_init.c:3710: 警告: passing argument 2 of ‘os_alloc_mem’ from incompatible pointer type
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/include/rtmp.h:5704: note: expected ‘UCHAR **’ but argument is of type ‘UCHAR *’
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/cmm_tkip.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/cmm_aes.o
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/cmm_aes.c: In function ‘AES_GTK_KEY_WRAP’:
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/cmm_aes.c:1338: 警告: the frame size of 1084 bytes is larger than 1024 bytes
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/cmm_sync.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/eeprom.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/cmm_sanity.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/cmm_info.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/cmm_cfg.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/cmm_wpa.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/dfs.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/spectrum.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/rtmp_timer.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/rt_channel.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/cmm_profile.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/cmm_asic.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/cmm_cmd.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../sta/assoc.o
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../sta/assoc.c: In function ‘wext_notify_event_assoc’:
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../sta/assoc.c:1401: 警告: pointer targets in passing argument 5 of ‘RtmpOSWrielessEventSend’ differ in signedness
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/include/rtmp.h:7048: note: expected ‘PUCHAR’ but argument is of type ‘char *’
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../sta/auth.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../sta/auth_rsp.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../sta/sync.o
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../sta/sync.c: In function ‘PeerBeaconAtScanAction’:
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../sta/sync.c:657: 警告: the frame size of 1248 bytes is larger than 1024 bytes
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../sta/sync.c: In function ‘PeerBeacon’:
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../sta/sync.c:1435: 警告: the frame size of 1324 bytes is larger than 1024 bytes
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../sta/sync.c: In function ‘PeerBeaconAtJoinAction’:
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../sta/sync.c:935: 警告: the frame size of 1252 bytes is larger than 1024 bytes
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../sta/sync.c: In function ‘MlmeStartReqAction’:
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../sta/sync.c:525: 警告: the frame size of 1060 bytes is larger than 1024 bytes
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../sta/sanity.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../sta/rtmp_data.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../sta/connect.o
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../sta/connect.c: In function ‘LinkDown’:
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../sta/connect.c:1975: 警告: unused variable ‘Cancelled’
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../sta/connect.c: In function ‘CntlOidScanProc’:
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../sta/connect.c:343: 警告: the frame size of 1592 bytes is larger than 1024 bytes
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../sta/wpa.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../os/linux/rt_linux.o
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../os/linux/rt_linux.c: In function ‘send_monitor_packets’:
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../os/linux/rt_linux.c:982: 警告: the frame size of 1076 bytes is larger than 1024 bytes
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../os/linux/rt_profile.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../os/linux/rt_main_dev.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../os/linux/sta_ioctl.o
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../os/linux/sta_ioctl.c: In function ‘rt_ioctl_siwencode’:
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../os/linux/sta_ioctl.c:1839: 警告: suggest parentheses around operand of ‘!’ or change ‘&’ to ‘&&’ or ‘!’ to ‘~’
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../os/linux/sta_ioctl.c: In function ‘RTMPIoctlRF’:
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../os/linux/sta_ioctl.c:7179: 警告: pointer targets in passing argument 1 of ‘strchr’ differ in signedness
/usr/src/kernels/2.6.30.10-105.2.16.fc11.i686.PAE/arch/x86/include/asm/string_32.h:27: note: expected ‘const char *’ but argument is of type ‘CHAR *’
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../os/linux/sta_ioctl.c:7179: 警告: pointer targets in assignment differ in signedness
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../os/linux/sta_ioctl.c:7315: 警告: the frame size of 2328 bytes is larger than 1024 bytes
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../os/linux/sta_ioctl.c: In function ‘RTMPIoctlE2PROM’:
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../os/linux/sta_ioctl.c:7131: 警告: the frame size of 1344 bytes is larger than 1024 bytes
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../os/linux/sta_ioctl.c: In function ‘RTMPIoctlMAC’:
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../os/linux/sta_ioctl.c:6933: 警告: the frame size of 1340 bytes is larger than 1024 bytes
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../os/linux/sta_ioctl.c: In function ‘rt_ioctl_iwaplist’:
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../os/linux/sta_ioctl.c:1037: 警告: the frame size of 1288 bytes is larger than 1024 bytes
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../os/linux/sta_ioctl.c: In function ‘rt_ioctl_siwmlme’:
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../os/linux/sta_ioctl.c:2321: 警告: the frame size of 1580 bytes is larger than 1024 bytes
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/ba_action.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../os/linux/usb_main_dev.o
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../os/linux/usb_main_dev.c: In function ‘RTUSBWatchDog’:
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../os/linux/usb_main_dev.c:759: 警告: format ‘%d’ expects type ‘int’, but argument 3 has type ‘ULONG’
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../os/linux/rt_usb.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/cmm_mac_usb.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/rtusb_io.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/rtusb_bulk.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/rtusb_data.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/cmm_data_usb.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/ee_prom.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/ee_efuse.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/rtmp_mcu.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../chips/rt30xx.o
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../chips/rt30xx.c: In function ‘RT30xxSetRxAnt’:
/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../chips/rt30xx.c:89: 警告: unused variable ‘x’
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../common/rt_rf.o
CC [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/../../chips/rt3070.o
LD [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/rt3070sta.o
Building modules, stage 2.
MODPOST 1 modules
CC /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/rt3070sta.mod.o
LD [M] /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/rt3070sta.ko
make[1]: ディレクトリ `/usr/src/kernels/2.6.30.10-105.2.16.fc11.i686.PAE' から出ます
cp -f /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux/rt3070sta.ko /tftpboot


なぜか
Building modules, stage 2.
MODPOST 1 modules
とありましたので
そのまま make install を実行してみました
 コード: 全選択 大枠 小枠
[root@localhost 2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0]# make install
make -C /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux -f Makefile.6 install
mkdir: ディレクトリ `/etc/Wireless' を作成できません: ファイルが存在します
make[1]: ディレクトリ `/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux' に入ります
rm -rf /etc/Wireless/RT3070STA
mkdir /etc/Wireless/RT3070STA
cp /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/RT2870STA.dat /etc/Wireless/RT3070STA/.
install -d /lib/modules/2.6.30.10-105.2.16.fc11.i686.PAE/kernel/drivers/net/wireless/
install -m 644 -c rt3070sta.ko /lib/modules/2.6.30.10-105.2.16.fc11.i686.PAE/kernel/drivers/net/wireless/
/sbin/depmod -a 2.6.30.10-105.2.16.fc11.i686.PAE
make[1]: ディレクトリ `/home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0/os/linux' から出ます


そして、iwconfig で調べてみたのですが
認識していないようです
 コード: 全選択 大枠 小枠
[root@localhost 2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0]# iwconfig
lo no wireless extensions.

eth0 no wireless extensions.

wmaster0 no wireless extensions.

wlan0 IEEE 802.11bg ESSID:""
Mode:Managed Frequency:2.412 GHz Access Point: Not-Associated
Tx-Power=0 dBm
Retry min limit:7 RTS thr:off Fragment thr:off
Encryption key:off
Power Management:off
Link Quality:0 Signal level:0 Noise level:0
Rx invalid nwid:0 Rx invalid crypt:0 Rx invalid frag:0
Tx excessive retries:0 Invalid misc:0 Missed beacon:0

pan0 no wireless extensions.

vboxnet0 no wireless extensions.

[root@localhost 2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0]#


そこで、カーネルモジュールを手動でインストールしてみました
 コード: 全選択 大枠 小枠
[root@localhost ~]# cd /home/snow/Download/2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0
[root@localhost 2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0]# ls
Makefile RT2870STACard.dat include sta
README_STA_usb chips iwpriv_usage.txt sta_ate_iwpriv_usage.txt
RT2870STA.dat common os tools
[root@localhost 2009_1110_RT3070_Linux_STA_v2.1.2.0]# cd os/linux/
[root@localhost linux]# ls
Makefile config.mk rt_ate.c rt_profile.o usb_main_dev.o
Makefile.4 modules.order rt_linux.c rt_usb.c vr_ikans.c
Makefile.6 rt3070sta.ko rt_linux.o rt_usb.o
Module.markers rt3070sta.mod.c rt_main_dev.c sta_ioctl.c
Module.symvers rt3070sta.mod.o rt_main_dev.o sta_ioctl.o
cfg80211.c rt3070sta.o rt_profile.c usb_main_dev.c
[root@localhost linux]# insmod rt3070sta.ko
[root@localhost linux]#


再度、iwconfig で確認したところ
 コード: 全選択 大枠 小枠
[root@localhost linux]# iwconfig
lo no wireless extensions.

eth0 no wireless extensions.

wmaster0 no wireless extensions.

wlan0 IEEE 802.11bg ESSID:""
Mode:Managed Frequency:2.412 GHz Access Point: Not-Associated
Tx-Power=0 dBm
Retry min limit:7 RTS thr:off Fragment thr:off
Encryption key:off
Power Management:off
Link Quality:0 Signal level:0 Noise level:0
Rx invalid nwid:0 Rx invalid crypt:0 Rx invalid frag:0
Tx excessive retries:0 Invalid misc:0 Missed beacon:0

pan0 no wireless extensions.

vboxnet0 no wireless extensions.

ra0 RT2870 Wireless ESSID:"" Nickname:""
Mode:Auto Frequency=2.412 GHz
Link Quality=10/100 Signal level:0 dBm Noise level:-143 dBm
Rx invalid nwid:0 Rx invalid crypt:0 Rx invalid frag:0
Tx excessive retries:0 Invalid misc:0 Missed beacon:0

[root@localhost linux]#

これで、さっそくつながるのかな?と思い、
無線LANのSSIDを設定しようとしたのですが、エラーです
 コード: 全選択 大枠 小枠
[root@localhost linux]# /sbin/iwconfig ra0 essid "MyPlace"
Error for wireless request "Set ESSID" (8B1A) :
SET failed on device ra0 ; Network is down.


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora11 で USB無線LAN子機(WLI-UC-GN) を使用
投稿記事Posted: 2010年2月08日(月) 19:12 
オフライン
アバター
プライベートメッセージ送信  メール  プロフィール

登録日時: 2009年3月20日(金) 22:04
記事: 239
 こんばんは、無線はウトイ というか、持っていない為、参照ページを見てました。 :D

「そこで、設定ファイルの名前を変更しなければならない。mv /etc/Wireless/RT3070STA /etc/Wireless/RT2870STAとしてやると上手く動作するようになる。」

と書かれていますよね。この部分は実行されての結果なのでしょうか?


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora11 で USB無線LAN子機(WLI-UC-GN) を使用
投稿記事Posted: 2010年2月08日(月) 20:13 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  プロフィール

登録日時: 2008年11月03日(月) 21:48
記事: 271
mako999さん、お返事ありがとうございます

mv /etc/Wireless/RT3070STA /etc/Wireless/RT2870STA
を実行してみました

 コード: 全選択 大枠 小枠
[root@localhost Desktop]# mv /etc/Wireless/RT3070STA /etc/Wireless/RT2860STA


その後、再度挑戦してみたのですが
 コード: 全選択 大枠 小枠
[root@localhost Desktop]# /sbin/iwconfig ra0 essid "MyPlace"
Error for wireless request "Set ESSID" (8B1A) :
SET failed on device ra0 ; Network is down.


なにか他に設定が必要かもしれないので、いろいろと調べてみます


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora11 で USB無線LAN子機(WLI-UC-GN) を使用
投稿記事Posted: 2010年2月08日(月) 23:17 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  WWW  YIM  プロフィール

登録日時: 2010年1月09日(土) 15:58
記事: 104
りなっくす初心者 さんが書きました:
 コード: 全選択 大枠 小枠
[root@localhost Desktop]# /sbin/iwconfig ra0 essid "MyPlace"
Error for wireless request "Set ESSID" (8B1A) :
SET failed on device ra0 ; Network is down.


なにか他に設定が必要かもしれないので、いろいろと調べてみます


iwconfigコマンドでのデバイス名をra0でなくて、wlan0にすれば接続できると思います。

あと、デバイスは認識されているので、
(dmes|grep wlan0の結果が念のため欲しいですが。)
iwconfigを使わなくてもNetworkManagerのアプレットから設定してみては?
GNOMEデスクトップであれば、右上にありますから。


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora11 で USB無線LAN子機(WLI-UC-GN) を使用
投稿記事Posted: 2010年2月09日(火) 20:30 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  プロフィール

登録日時: 2008年11月03日(月) 21:48
記事: 271
kenkenさん、お返事ありがとうございます

iwconfigコマンドでのデバイス名をra0でなくて、wlan0に変更しようとしたのですが
iwconfigコマンド デバイス名変更
と検索しても分かりませんでした

まずは、現状での状況を整理してみました
 コード: 全選択 大枠 小枠
[root@localhost Desktop]# iwconfig
lo no wireless extensions.

eth0 no wireless extensions.

ra0 RT2870 Wireless ESSID:"" Nickname:""
Mode:Auto Frequency=2.412 GHz
Link Quality=10/100 Signal level:0 dBm Noise level:-143 dBm
Rx invalid nwid:0 Rx invalid crypt:0 Rx invalid frag:0
Tx excessive retries:0 Invalid misc:0 Missed beacon:0

wmaster0 no wireless extensions.

wlan0 IEEE 802.11bg ESSID:""
Mode:Managed Frequency:2.412 GHz Access Point: Not-Associated
Tx-Power=20 dBm
Retry min limit:7 RTS thr:off Fragment thr:off
Encryption key:off
Power Management:off
Link Quality:0 Signal level:0 Noise level:0
Rx invalid nwid:0 Rx invalid crypt:0 Rx invalid frag:0
Tx excessive retries:0 Invalid misc:0 Missed beacon:0

vboxnet0 no wireless extensions.

pan0 no wireless extensions.

という状態です

接続先は、FON ルータへの無線LAN接続です

wlan0 の状態は
 コード: 全選択 大枠 小枠
[root@localhost Desktop]# dmesg | grep wlan0
ADDRCONF(NETDEV_UP): wlan0: link is not ready


ra0 の状態が
 コード: 全選択 大枠 小枠
[root@localhost Desktop]# dmesg | grep ra0
ra0 (usb): not using net_device_ops yet
[root@localhost Desktop]#


という状態です


トップへ
 
 記事の件名: Re: fedora11 で USB無線LAN子機(WLI-UC-GN) を使用
投稿記事Posted: 2010年2月10日(水) 00:55 
オフライン
プライベートメッセージ送信  メール  WWW  YIM  プロフィール

登録日時: 2010年1月09日(土) 15:58
記事: 104
---------
りなっくす初心者さんこんにちは。

おそらくですが、
内蔵無線LANもUSBの方もデバイス自体は認識されていると思います。
wlan0が内蔵LAN、ra0がUSBのデバイスのようですね。

ra0のリネームはわざわざしなくてもいいと思います。
どうしてもしたい場合は、/etc/modprobe.d/のなかの
hogehoge.confのなかにaliasの設定をすれば良いでしょう。
コード:
alias wlan1 ra0

とすればwlan1にできるでしょうけど、確証はありません。


それよりもまずはコマンドにこだわらす、
NetworkManagerから設定してみては?

NetworkManagerのアプレットが右上にありますから。
アイコンはパソコンの絵をしていると思います。(GNOME前提ですが^^)
念のため、右クリックしてネットワークを有効にする
無線を有効にするがチェックが付いているかも確認してください。


また、コマンドで実行する場合、

ESSIDをMyPlaceと仮定しますと、
デバイス名wlan0を使いたい場合は、
コード:
iwconfig wlan0 essid "MyPlace"


デバイス名ra0を使いたい場合は、(上のaliasをしてないと仮定して)
コード:
iwconfig ra0 essid "MyPlace"



ただし、私はFONルーターというものを使ったことがないのでこれ以上分かりませんが、
WEPなどの暗号はONになっているのでしょうか?
もしルーターの設定をご自分で変えることができるのなら、
まずは、WEPなどの暗号をOFFにして
単純な接続ができる事を確認すべきでしょう。


トップへ
 
期間内表示:  ソート  
新しいトピックを投稿する トピックへ返信する  [ 12 件の記事 ]  ページ移動 1, 2  次へ

All times are UTC + 9 hours


オンラインデータ

このフォーラムを閲覧中のユーザー: なし & ゲスト[1人]


トピック投稿: 不可
返信投稿: 不可
記事編集: 不可
記事削除: 不可
ファイル添付: 不可

検索:
ページ移動:  
cron

無料でマイフォーラムを作成する! · php-BB© · Internationalization Project · 不正利用を報告する · 使用条件/プライバシーポリシー
© Forums-Free.com 2009